ビジネス

最新ビジネス記事のRSS

ホンダN-BOX、軽自動車ながら安全性能で高評価を受ける理由

2018.10.11 07:00

 ドライバーの高齢化に伴い、車が持つ「安全性能」がますます重大な関心事となっているが、一般ユーザーが

 ドライバーの高齢化に伴い、車が持つ「安全性能」がますます重大な関心事となっているが、一般ユーザーが各車の安全性能の違いを比較することは難しい。

 しかし、その手がかりとなるデータがある。国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)が共同で行なう「衝突安全性能評価」である。

 NASVAの試験は、年間の新車販売台数上位の10数車種を対象にしている(同じ車種でも複数のグレードがある場合は、最も販売台数が多いものを採用)。採点は208点が満点で、内訳は「乗員保護性能」が100点、「歩行者保護性能」が100点、そして「シートベルト着用警報装置」が8点となっている。

 本誌・週刊ポストでは、同調査の試験を受けた車種のうち、現在も販売中である10社66車種を総合評価点数の高い順に掲載。

 トップ3にランクインしたのは、1位/インプレッサ(スバル)、2位/CX-8(マツダ)、3位/レガシィ(スバル)の順。エンジン技術やボディ形状、歩行者保護システムなどで高評価を得た。

 一方で評価が低かった下位3車種は、下から「フィアット500」、「エブリイ」(スズキ)、「スペーシア」(スズキ)となった。この評価について各メーカーの見解はこうだった。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP