国内

眞子さまと小室さん、別れのタイムリミットは6か月か

小室さんは留学後、秋篠宮さまに連絡をとっていないという

 眞子さま(26才)の熱視線が注がれる先に、“圭”の躍動する姿はなかった。眞子さまは10月6日の昼下がり、「楽天・ジャパン・オープン・テニス」(武蔵野の森総合スポーツプラザ、東京都調布市)を観戦された。錦織圭選手(28才)の凱旋出場で注目された大会に、日本テニス協会名誉総裁を務める眞子さまが激励に訪れた形だ。

 その日の第2試合は、注目カードの錦織選手の準決勝。しかし、眞子さまは外国人選手同士の対戦の第1試合のみを観戦され、足早に会場を後にした。

 奇しくもその前日は、眞子さまの心を占める“もう1人の圭”の誕生日。テニスを観戦された眞子さまは、米ニューヨークの大学に留学中の小室圭さん(26)に、どんなメッセージを送られたのだろうか――。

◆日本の社会に受け入れられるでしょうか

 来年5月1日には、皇太子さまと雅子さまが、新天皇皇后両陛下となる。

「美智子さまは、即位の儀式を厳かな、落ち着いた雰囲気の中で執り行えるようにとお考えです。ですから、自分たちの代の心配事は、それまでにできるだけ解決しておいた方がいいとお考えです」(宮内庁関係者)

 多くの国民が関心を寄せ、その行方を見守っているのは、眞子さまと小室さんの結婚問題だろう。

「美智子さまも、初孫に関することですから相当に心配されています。ただ、眞子さまや秋篠宮ご夫妻に具体的にアドバイスされることはないようです。家族ですから、もし頼られれば、いくらでも相談に乗られるという姿勢だそうです」(別の宮内庁関係者)

 小室家の400万円の金銭トラブルや“皇室利用”ともとれる超VIP待遇での米国留学で、小室さんには“皇族のお相手としての資質”を問う声も多い。実際、秋篠宮さまは、国民から広く祝福と理解を得るに至らないとして、眞子さまと小室さんに「現状では納采の儀は行えない」と伝えたと報じられた。

「美智子さまは先々のことまでお考えを巡らせ、“小室さんが留学を終えて日本に戻られたとしても、日本の社会に受け入れられるでしょうか”と懸念されているそうです」(前出・別の宮内庁関係者)

 新天皇の負担を考えれば、この結婚問題も、次世代に先送りしたくない問題だろう。

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン