• TOP
  • 芸能
  • 『下町ロケット』阿部寛 カメラ止めない撮影スタイルに共感

芸能

2018.10.15 07:00  週刊ポスト

『下町ロケット』阿部寛 カメラ止めない撮影スタイルに共感

『下町ロケット』で熱血社長を務める阿部寛

「続編のお話をいただいたときはある意味、身が引き締まりました。大丈夫かなって(笑い)。でも、3年ぶりの社長役は演じていて楽しいですよ。皆が『社長、社長!』って言ってくれるものだから、本当に社長になったような気分です(笑い)」

 10月14日、池井戸潤原作で阿部寛主演の日曜劇場『下町ロケット』(TBS系、21時より放送)が新たなスタートを切った。

 2015年に放送された前作は平均視聴率18.6%を記録し、同年民放ドラマの視聴率トップを飾った。阿部が演じる佃航平は、宇宙科学開発機構の研究員としてロケットエンジンの開発に携わっていたが、打ち上げ失敗の責任をとる形で退職。父が残した小さな町工場「佃製作所」を継いで、度重なる困難に直面しながらも夢に向かって挑戦し続けるストーリーだ。

「前回に引き続き、様々な問題に佃と仲間たちが力を合わせて立ち向かっていく姿が描かれています。どんな状況でも挫けず苦境を乗り切っていく男たちのドラマを皆さんに見ていただきたい。彼らから勇気をもらってほしい。演じている僕も勇気をもらっています」

“ロケット品質”と呼ばれるほど高い技術力を持つ佃製作所は、ロケットエンジン用バルブシステムや人工心臓弁の開発に挑んできたが、今回は性能よりもコストを重視する取引先を相手に、最大の危機に直面する。

「今回の作品は農業の分野を舞台にモノづくりに挑む話ですが、撮影中に知った日本企業の高い技術力には圧倒されました。

 実は以前から、飛行機の窓から見る日本の田園風景の広大さ、美しさには感動を受けていまして、農業を大切に育て発展させていくのは日本人としての大きな責任だと感じていました。そのために日々努力している人たちに焦点を当てる今回の作品には、自分なりに意味があると思っています」

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス