芸能

山田孝之の豪華誕生会に騒然 芸能人はなぜ誕生会を開くのか

インスタ非公開の誕生会には美女ばかり

『クローズZERO』『ヤミ金ウシジマくん』『勇者ヨシヒコ』などの一連のシリーズ、東野圭吾氏原作の映画『手紙』、大ヒット小説をドラマ化した『世界の中心で、愛をさけぶ』など、代表作をあげるのが難しいほど引っ張りだこの俳優・山田孝之。この年代の俳優には珍しく、同性人気も高い彼が10月20日に35歳の誕生日を迎え、誕生会の様子をインスタグラムで公開したが、そこでは公開されなかった“もう1つの誕生会”が話題になっている。

 インスタグラムで公開された誕生会が開催されたのは10月20日のこと。参加したのは佐藤健、松本潤、松田龍平、ムロツヨシ、山崎賢人、赤西仁、綾野剛など、そうそうたる人気俳優ばかりで、ネットには、

「男臭くてクソ楽しそうだな」
「なんなのまじで!!! 私も呼んでよ!!!!」
「このメンバーで映画撮れそう」

 といった感想が寄せられたが、10月24日に配信されたNEWSポストセブンの「山田孝之がインスタ非公開の美女だらけ誕生会、マギーも参加」という記事によれば、誕生会は1度ではなかったようだ。

 その誕生会が開催されたのは、件の誕生会の2日前の10月18日で、完全個室の高級焼肉店に集まったのは、芸能関係者と思しき10人ほどの男性と、モデルやタレントさながらの美女ばかり総勢12~15人ほどの女性たち。その中には、タレントのマギーの姿もあったという。山田は2012年に一般女性と結婚し、子供もいる身だが、男性だけではなく女性も含めてその顔の広さは本物のようだ。

 ただ、一方の誕生会はインスタグラムで公開し、もう1つの誕生会はインスタグラムで公開しなかったことで、ネットには、

「硬派な感じでインスタ上げてたのに、蓋開けたら結局女って…(笑)」
「まぁ、男だけでは無いなって思ってたけどw」
「35才のおっさんがさぁ夜中に女大勢呼び出してはべらせてお誕生会って痛すぎる」

 といった手厳しいコメントが次々と登場。また、マギーについては、

「マギーは確かに綺麗なんだけど、いいイメージが全くない。凄く高飛車で勘違いしてた印象」
「マギーの良さがわからない。そんなにいいかなぁ」
「マギーってそんなに人気なの? ヒルナンデスにも出てた時になんでこんなんが出てるんだろと思った」

 と、辛口のコメントが相次いでおり、ネットユーザーについては、一定数の“アンチマギー”がいるようだ。

 山田のように芸能人などの友人を集めて豪華な誕生会を行うケースは少なくない。一般人でもやることはあるが、こんなに大規模に行うことはほとんどない。芸能人はどうして誕生会をやるのが好きなのか? 芸能ライターの石田春男氏はこう語る。

「芸能人の誕生会と言えば、かつては西田ひかるが有名で毎年、盛大にパーティーを開いていました。彼女の場合、芸能事務所とマスコミは完全に持ちつ持たれつの関係で、西田ひかるには話題になるというメリットが、マスコミにはニュースが1本作れるというメリットがありました。

 今回の山田の誕生会が、彼自身の発案なのかどうかは不明ですが、売れっ子の取り巻きたちが、『誕生会やりましょうよ』と、セッティングするパターンは非常に多いです。仕事が欲しい芸能人にとっては、売れっ子と親しくしておくのは大事なこと。“鶴の一言”で仕事が決まることもありますから。和田アキ子の誕生会は完全にそれですよね。

 もちろん自分の力を内外にアピールするという意味もあるでしょう。『オレの誕生会にはこれだけの人数が集まるんだぞ』『あんな大物もオレの誕生会に来るんだぞ』といった自己顕示欲がなければ芸能人になんてならないでしょうから」

 インスタグラムでは人脈をアピールしつつ、非公開誕生会では女性に囲まれて飲み食いとは、山田もなかなかしたたかなのかも。

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン