• TOP
  • ビジネス
  • 日本一の大富豪・孫正義氏 行動原理は「とにかく1番」

ビジネス

2018.11.04 07:00  女性セブン

日本一の大富豪・孫正義氏 行動原理は「とにかく1番」

孫氏が尊敬するスティーブ・ジョブズ氏もまた仕事以外に趣味がない男だった(共同通信社)

 日本で1番の大富豪である孫正義氏(61才)。ソフトバンクグループの創業者として一代で巨万の富を築いた“究極の成り上がり”だけに、自宅は超豪華だ。

「港区にある約915坪の自宅の評価額は約64億円で、ほかに地下4階、地上2階の豪邸も所有しています。アメリカ・シリコンバレーでも指折りの高級住宅地、ウッドサイドにある約108億円の豪邸も購入しました」(全国紙経済部記者)

 孫氏の行動原理は、「とにかく1番になること」。

「孫さんが口酸っぱく言うのは、『圧倒的なナンバーワンになれ』ということ。部下にはとにかく1番になることを命じます。かつてソフトバンクのCMにSMAPを起用したのも、彼らが芸能界のナンバーワンだったから。孫さんは普通のお金持ちと違って、車や酒、女性などには全く興味を持ちません。1番になるために、わき目もふらず邁進するんです」(全国紙経済部記者)

 そんな孫氏の性格が如実に表れたのは、2011年の東日本大震災の時だった。

「震災から1か月たたないうちに、個人として100億円の寄付を表明しました。これも彼の“1番志向”がなせるわざでした」(同前)

 巨額の寄付について、『お金持ちの行動学』(宝島社)の著者で京都女子大学客員教授の橘木俊詔さんは、「日本の大金持ちとしては異例の行動」と話す。

「富裕層の寄付が文化になっているアメリカと違い、日本では“寄付をするのは儲けている大企業の役割”との意識が根強い。孫氏のように個人で巨額の寄付をすることは極めて珍しいことです」

 仕事一筋で突っ走る孫氏の唯一の趣味とされるのがゴルフ。自宅の地下室には世界10大ゴルフ場のシミュレーションプログラムが入った個人練習場がある。これもビジネスチャンスのためという。

「何人かでラウンドするゴルフは、お金持ちにとって絶好の社交の場です。実際、孫氏の自宅の練習場を訪れたマイクロソフトのビル・ゲイツ氏は、シミュレーションを大いに気に入って自分も導入したそうです」(橘木さん)

 ストイックなまでに実利を優先できるのが、新富裕層の条件なのかもしれない。

■孫正義(そん・まさよし)/ソフトバンクグループ株式会社代表取締役社長
1957年佐賀県生まれ。カリフォルニア大学バークレー校卒業。1981年に株式会社日本ソフトバンク(現:ソフトバンクグループ株式会社)を設立。2005年に福岡ソフトバンクホークス株式会社を子会社化し、プロ野球に進出。2006年にボーダフォン株式会社(現:ソフトバンクモバイル株式会社)を買収、モバイル通信分野に進出。妻との間に2人の娘がいる。日本での住まいは東京・港区の一戸建て。シリコンバレーの高級住宅地ウッドサイドにも108億円の豪邸を所有する。

※女性セブン2018年11月15日号

関連記事

トピックス