ビジネス

最新ビジネス記事のRSS

新富裕層・楽天の三木谷浩史氏、社員にミッキーと呼ばせる

2018.11.06 07:00

 いわゆる“新富裕層”のシンボル的存在といえば、楽天の三木谷浩史氏(53才)だ。父親が神戸大学名誉教

 いわゆる“新富裕層”のシンボル的存在といえば、楽天の三木谷浩史氏(53才)だ。父親が神戸大学名誉教授、本人は一橋大学卒でハーバード大学留学経験もあり、「エリート」とのイメージが強いが、実はかなりの「ヤンチャ坊主」だった。

『問題児 三木谷浩史の育ち方』(幻冬舎)の著者で小説家の山川健一さんが言う。

「小学校の通信簿はほとんど2か3で、中学の成績がビリから2番目。中1でたばこを覚えて私立中学を中退して公立中学校に編入した後、パチンコや麻雀、競馬に熱中するようになりました。人の道をそれる危うさがありましたが、一度も叱らなかった父親の愛情もあって徐々に“真人間”になりました」

 風雲児の三木谷氏を突き動かすのは「情熱」だ。ジャーナリストの大西康之さんが言う。

「三木谷さんにとって『ライフ』と『ワーク』は表裏一体です。お父さんをがんで亡くしたので、儲けを度外視して個人的な思い入れでがんの新しい治療法に投資しているし、オーナーを務めるJ1のヴィッセル神戸に世界的なスーパースターであるイニエスタ選手を招聘して、世を驚かせたのもサッカー好きな彼らしい試みです」

 楽天の本社ビルには部屋を仕切る壁がなく、端から端までワンフロアに収まる。

「その広い一角に三木谷さんのデスクが置かれていて、社員は社長を『ミッキー』と呼びます。三木谷さんは繊細に見えるけど意外と豪快で、笑うときは『ガハハハハ!』と思いっきり笑います(笑い)」(山川さん)

 ライフとワークが一体の三木谷氏は、「遊ぶ時は徹底して遊ぶ」がモットーだ。

「アメリカのシリコンバレーにある豪邸は敷地内にプール、テニス場、ゴルフ場があります。ここで頻繁にバーベキューパーティーを行い、フェイスブック最高執行責任者のシェリル・サンドバーグやテスラ創業者のイーロン・マスクなど錚々たる面々が参加します。わざわざ東京から板前さんとネタを“空輸”する力の入れようです」(大西さん)

【Profile】
三木谷浩史(みきたに・ひろし)/楽天株式会社代表取締役会長兼社長。1965年兵庫県生まれ。一橋大学商学部卒業後、日本興業銀行に入行。1993年、ハーバード大学にてMBAを取得。1997年に株式会社エム・ディー・エム(現:楽天株式会社)を設立し、代表取締役に就任。インターネット・ショッピングモール『楽天市場』を開設した。住まいは渋谷区の一戸建て。妻との間に1人の息子がいる。趣味はテニスとサウナ。サウナ好きが高じて、社内にサウナを作るも、利用するのは三木谷氏だけ。

※女性セブン2018年11月15日号

本文を読む


マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP