• TOP
  • ライフ
  • ねこ×鉄道の最強コラボ「ねこ鉄」 2つの「動」を1枚に

ライフ

2018.11.10 07:00  週刊ポスト

ねこ×鉄道の最強コラボ「ねこ鉄」 2つの「動」を1枚に

「電車が来たって慌てにゃい」

 創刊47年の歴史ある鉄道雑誌『旅と鉄道』の9月号に掲載されて反響を呼んだのが、猫と鉄道のコラボレーション写真「ねこ鉄」だ。カメラマンは航空機や鉄道航空写真に定評のある花井健朗氏。2014年に広島電鉄を撮った際の“奇跡”がこのシリーズ誕生のキッカケとなった。花井氏が「ねこ鉄」との出会いを振り返る。

「広島電鉄の路線で唯一トンネルがある平良駅付近でカメラを構えていた際、偶然にも黒猫が目の前を通り過ぎて線路内で立ち止まったんです。その時、タイミングよく猫の背後から電車が現われ、電車のライトと黒猫の目がシンクロしました。思わずシャッターを押したのですが、写真を見て猫と鉄道は相性がいいことに気付いたんです」

 それ以降、北は青森県から南は九州まで何度も通って撮影してきた。

「地元猫と鉄道をコラボさせる、気まぐれな猫の瞬間を捉えるため猫には触らない──この2点が僕のこだわりです。四季折々の風景の中、動く鉄道と動く猫の2つの“動”の瞬間を押さえることにこだわっています」

 街と鉄道と猫。三位一体の癒しの風景がここにある。写真とともに、当時の思い出を振り返ってもらった。

 1枚めの写真は広島電鉄宮島線(広島県)。

「『ねこ鉄』発案のキッカケとなった1枚。黒猫が私の目の前を通り過ぎ、線路内に美しく佇んでいた。これを機に猫と鉄道のコラボレーションに魅せられました」(花井氏)

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス