• TOP
  • 芸能
  • 朝ドラで14歳を演じる26歳女優・岸井ゆきのって何者?

芸能

2018.11.13 07:00  週刊ポスト

朝ドラで14歳を演じる26歳女優・岸井ゆきのって何者?

26歳で14歳少女を演じる岸井ゆきの(時事通信フォト)

 インスタントラーメンの生みの親・安藤百福と、その妻・仁子の人生をモデルにしたNHK連続テレビ小説『まんぷく』が絶好調だ。長く続いた戦争が終わり、疎開を終えたヒロイン・福子(安藤サクラ)とその夫・萬平(長谷川博己)。敗戦により食糧が不足、家族一同で厳しい生活に耐える──第5週(10月29日~11月3日)の放送は平均視聴率21.9%で、初週(10月1日~6日)以来の高視聴率となった。

 好調の一端を担っていると話題なのが、福子の14歳の姪・香田タカだ。10月31日の放送回では家族で営むはんこ屋の店先に立つタカが登場。「ハンコ作りませんかぁ」と道行く人に声をかける屈託のない笑顔が23.1%と週トップの視聴率に結びついた。

 演じているのはなんと役よりも12歳上、実年齢26歳の女優・岸井ゆきの。2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』を始め、TBSのヒットドラマ『99.9―刑事専門弁護士―』などに出演経験がある女優だが……彼女の名を初めて聞いた、という人も多いだろう。

「かねて実力派と言われてきたが、ブレイクのチャンスに恵まれなかった。最近まで飲食店で皿洗いのバイトを週3回していたという遅咲き。下積み生活から抜け出したいとオーディションを受けまくっていたようですが、本人が一番出たがっていた朝ドラはなかなか決まらない。諦めかけていたときにやっと手に入れたのが、今回のタカ役だったそうです」(朝ドラスタッフ)

 苦難の時代を明るく生き抜くタカの姿に、自分の下積み生活が重なったのかも。

※週刊ポスト2018年11月23日号

関連記事

トピックス