芸能

松岡茉優とJUMP有岡大貴が交際 “ひとつ屋根の下”で1年

有岡との交際が明らかになった松岡茉優

 女優の松岡茉優(23)とHey!Say!JUMPの有岡大貴(27)が交際していることがわかった。2人は交際を始めて1年以上になるという。

 落ち着いた雰囲気の中に瀟洒な飲食店やアパレルの店が並ぶ都内の一等地に、ひときわ目立つ高層マンションが建っている。門扉では警備員が目を光らせ、マンション内にはカフェやジムなども設置されている超高級物件だ。そのマンションに、周囲を警戒しながら “時間差”で2台の車が入ったのは、11月下旬のある日のことだった。
     
 午後10時頃に帰宅したのは、松岡。NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』の「GMT47」のリーダー役で注目を浴び、今年公開され、日本アカデミー賞作品賞を受賞した『万引き家族』にも出演。ドラマやCM、バラエティーでもひっぱりだこの超売れっ子だ。

「演技力は若手随一といわれ、トーク力も高い。これほどオールマイティーな女優はいません」(芸能関係者)

 その日、松岡は来秋公開の主演映画『蜜蜂と遠雷』の撮影のために埼玉県にある大学にいた。『蜜蜂と遠雷』は直木賞と本屋大賞を史上初めてダブル受賞した恩田陸氏の同名小説が原作である。

「13才の時に表舞台から遠ざかった元天才ピアニストが主人公で、製作サイドの満場一致で松岡さんに白羽の矢が立ったとか。その日はコンサートシーンの撮影だったようで、100人規模で行われていました」(映画関係者)

 その松岡が自宅マンションに帰る約6時間前、一足お先に帰宅したのはラジオ収録を終えた有岡だった。
 
 アイドルながらバラエティー番組で食レポなども器用にこなし、自分を「ナシ岡」とイジるなど、気取らないキャラで人気が高い。人気ドラマ『コード・ブルー』(フジテレビ)にも出演し、俳優としても注目を浴びている。

「2人は共通の知人を介しての食事会で出会い、交際はもう1年以上続いています」(前出・芸能関係者)

 松岡は2015年、俳優の加治将樹(30才)とのお泊まり愛が写真誌で報じられたことがある。

関連記事

トピックス

羽生結弦(時事通信フォト)
【羽生結弦「105日間の新婚生活」の真相】母親はお相手を“完無視”か、“追い出し部屋”と化していた愛の巣
女性セブン
騒動はどのような結末を迎えるのか(左から田中将大、安楽智大/時事通信フォト)
《楽天・安楽智大がパワハラで自由契約》田中将大にも波及するなか、スポーツ紙が削除していた「文言」
週刊ポスト
アン・シネ
日本ツアーにアン・シネが戻ってくる! QTはパンツスタイルも、来季は「膝上30センチのミニスカ」が復活濃厚
NEWSポストセブン
河村建夫・元官房長官が機密費に関して重大証言
【全文公開】河村建夫・元官房長官、馳浩氏の“機密費を五輪招致に使用”発言に重大証言 「ああいう形で大っぴらにするのはマズイ」
週刊ポスト
懸命なリハビリが続く西川史子
【全文公開】西川史子、今年6月に脳出血再発で懸命なリハビリの日々 父が語る現在の状態
女性セブン
麻生太郎内閣で官房長官を務めた河村建夫氏(時事通信フォト)
官房機密費問題で河村建夫・元官房長官が重大証言「馳浩氏は発言撤回すべきではなかった」「私のときは麻生首相から“あそこに渡してくれ”と指示があった」
週刊ポスト
永野の登場に泣き出すファンも多かった
永野芽郁の武道館イベント、坂口健太郎や斎藤工らがお忍び観覧 ビデオメッセージでは呼び捨て、兄妹みたいな“めいたろう”コンビ
女性セブン
羽生結弦(写真は2022年)
【ミニスカ、恋愛歴も】羽生結弦にとって想定外?「元妻Aさんの過去情報」も離婚理由になったか 
NEWSポストセブン
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
女性セブン
GACKT
《『翔んで埼玉』GACKTの高校時代》常連「餃子の王将」前で卒アル撮影、滋賀県人として過ごした知られざる姿「学ラン」「チャリ通」「いつも斜め45度」
NEWSポストセブン
羽生結弦
羽生結弦、離婚の真相 元妻にとって「想像とは異なる新婚生活」“アスリート妻”としての役割与えられなかったか
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 官房機密費「五輪招致に使った」衝撃証言ほか
「週刊ポスト」本日発売! 官房機密費「五輪招致に使った」衝撃証言ほか
NEWSポストセブン