• TOP
  • 国内
  • 大人の発達障害 生きづらくとも生きていくすべはある

国内

2019.01.02 16:00  NEWSポストセブン

大人の発達障害 生きづらくとも生きていくすべはある

世は「発達障害ブーム」だが、理解や認知は十分ではないと姫野桂氏は語る

 大人の「発達障害」に対する関心が高まっている。NHKで特集が組まれるなど、ここ数年で、関連の情報も増えている。ライターの姫野桂氏も、世に発達障害とは何かを知らしめてきた一人だ。昨年8月に刊行された『私たちは生きづらさを抱えている』(イースト・プレス)で、発達障害の当事者22人のリアルな声を伝えた。そして12月に刊行された新刊『発達障害グレーゾーン』(扶桑社新書)では、発達障害という「診断」は下されていないものの、「傾向」のある人々の悩みや対策を聞いている。自らも発達障害であることをカミングアウトしている姫野さんに、“生きづらさ”を抱えながら生きるすべを聞いた。
(前・後編でお届けします)

 * * *

◆“抽選式”の病院も 専門外来に受診希望者が殺到

──“発達障害ブーム”と一部では言われるほど、発達障害に対する関心が高まっています。どのような背景があるとお考えですか?

姫野:これまで発達障害は子どもの障害だとか、病気であって治るものだとか、間違った知識を持っている人が少なくありませんでした。それはひとえに、情報がなかったからです。ここ数年で正しい情報が増えることによって、自分も発達障害かもしれない、と感じる人が増えたのだと思います。実際、専門外来には受診希望者が殺到していて、“抽選式”にしている病院もあると聞きます。

 とはいえ、情報や理解はまだ十分ではないと感じています。理想としては、当事者である、なしにかかわらず、誰しもに発達障害に関しての基礎的知識を持ってもらいたい。そうすれば、職場でもどこでも、皆が生きやすくなると思うんです。知識があると想像ができ、想像ができると、配慮につながります。

──発達障害の認知が高まった理由の一つに、発達障害であることを公表する著名人が増えてきたこともあると思います。モデルで俳優の栗原類さんや、「SEKAI NO OWARI」の深瀬慧さんなど。こういう状況についてはどう捉えていらっしゃいますか?

姫野:影響力のある方の発信によって、認知や理解が広がるのはとてもいいことだと思っています。一方で、発達障害=天才、とか、特別の才能がある人、といったイメージがあまりにも流布すると危険だとは思っています。

──新刊の中でも、発達障害=すごい人、という安易な認識には警鐘をならしていらっしゃいます。

姫野:発達障害の当事者の多くは社会的に困難を抱えていて、困っているからこそ、病院に行くわけです。そうした人たちの声や、特別秀でたものを持たない当時者もいることを、伝えていきたいと思っています。と同時に、たとえ天才でなくても、より適した仕事というのはあると思うんですね。私の場合は、会社員は全く向いていませんでしたが、ライターは続いています。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス