色んな登場人物の人生が入り乱れるけど、まァ、オイラの役割は「狂言回し」なんでね。

 歴史物の大河ドラマだとNHKのアナウンサーなんかが、ドラマの冒頭や場面転換の時に「時は戦国~」なんてナレーションを入れるだろ。今回はそれをオイラが高座の上で進めていくんだよ。いつも『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ系)の冒頭にオイラが出てくるけど、アレを大河でもやっちまうってことだよな。

 しかもドラマなのに、「高座で自由に笑わせて」なんてカンペも出るからね。スタッフやエキストラは毎回同じだから、それなりにお笑いをやってきたオイラが“常連”相手にいつも同じネタをやるワケにもいかないだろ? 仕方ないから前説をやる若手芸人みたいに、毎回ネタを考えてるんだよ。

 まァ、みんなをゲラゲラ笑わせても下ネタや危ないネタばっかりなんで、そこは放送されないんだけどさ。もったいないから、収録中に話したネタをどこかで“テレビじゃ言えないオリムピックウラ噺”として披露するつもりだよ。

 もうひとつツラいのが、長時間の正座だよ。オイラ下積みから落語をやってるワケじゃないんでね。撮影中は気がつかないんだけど、カットの声がかかると急に脚が痺れて動けなくなっちまうんだよ。で、スタッフに両脇を抱えられながら袖に出ていくもんだから、そこでまた笑いが起こってさ。図らずも、死ぬ寸前まで高座に上がってた晩年の志ん生さんを再現しちまってるというオチなんでさ(笑い)。

 だけど、これは危ないね。足先に血液が循環してないような感覚があってさ。「あァ、これがエコノミークラス症候群ってやつか」って分かったよ。長年の慣れなのかもしれないけど、やっぱりプロの落語家は平然とやってて凄いね。オイラも立川梅春(ばいしゅん)なんてふざけた名前で時々高座に上がってるんだけど、プロにはあらゆる部分で及ばないぜ。

関連記事

トピックス

死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
お騒がせアイドルとして人気を博した榎本加奈子
《略奪婚から20年》43歳の榎本加奈子「爆弾発言アイドル」から敏腕社長に転身「人気スープカレー店売却」で次に狙う“夫婦念願の夢”
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
退所を発表した松本潤
【松本潤が独立】7月から野田秀樹氏が手がける舞台に出演、ロンドンでも上演 舞台初共演の長澤まさみの“凄み”に刺激を受ける
女性セブン
2018年8月に本誌の取材を受けた際も“ねじねじ”だった(撮影/小暮誠)
急逝・中尾彬さん 萬田久子、名取裕子、由美かおる、安達祐実らとの「美女対談」で際立っていた博覧強記
週刊ポスト
7月のイベントでファンの前に姿を見せる中森明菜(YouTubeより)
《7月のイベントで完全復帰へ》中森明菜、SNS時代にささやかれる不安要素 「陽」の聖子と比較して「陰」と評された歌姫は再びかがやくことができるのか
NEWSポストセブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
大谷翔平、始球式サプライズに「なんてナイスガイなんだ」と全米絶賛 幻となった“真美子夫人の始球式”は7月以降に実現の可能性
女性セブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン