• TOP
  • 芸能
  • ビートたけし『いだてん』志ん生役で長時間正座の苦労

芸能

2019.01.04 07:00  週刊ポスト

ビートたけし『いだてん』志ん生役で長時間正座の苦労

 特に落語家独特の「所作」を演じるのが難しい。人によってタイミングも意味も違うんだけど、落語家が噺の最中に羽織を脱いだりお茶を飲んだりするのは、噺のまくらと本筋の「間」を繋いだりする役割がある。こういう長年培った所作が生みだす“芸”ってのは真似できないんだよな。

 オイラは芸人だからまだなんとかそれっぽい雰囲気を作れるけど、俳優がやることになってたらもっと大変だったかもしれないね。

●取材協力/井上雅義

※週刊ポスト2019年1月11日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス