芸能

深田恭子の新恋人との熱愛 歓迎の声が出ないのはなぜか?

交際報道の影響が心配される深田(写真は杉本氏の待つ車に、ガードされ乗り込むところ)

 不動産会社会長の男性との交際が報じられた女優の深田恭子。これまで数多くの芸能人との交際で騒がせてきた彼女にとって、“一般人”の彼氏は珍しいが、世間の反応は非常に冷淡だ。

 深田の新たな彼氏として報じられたのは、不動産会社・シーラホールディングス会長の杉本宏之氏。1月7日にスポーツ紙で2人の交際が報じられると、深田の事務所は「食事は一緒にしたことがあるが、それ以上の関係はない」と、交際を否定するコメントを発表した。

 しかし1月16日にNEWSポストセブンが配信した「深田恭子、不動産会社会長との交際報道当日にお泊り密会」という記事によれば、深田は交際が報じられた当日に杉本氏と東京・西麻布のバーで密会しており、

「ふたりは当たり前のように同じハイヤーに乗り込んだ」
「翌朝、杉本氏は深田の部屋を出ると、そのまま会社へと向かっていった」(記事より抜粋)

とのこと。出会った当時は互いに別の恋人がいたものの、急速に2人の距離が縮まり、交際するに至ったと伝えている。

 バラエティー番組で見る限り、大人しいイメージが強い深田だが、恋愛に関しては完全に“肉食”だ。これまで交際が報じられたのは脚本家の野島伸司氏、玉木宏、くりいむしちゅーの有田哲平、“ハンカチ王子”こと斎藤佑樹選手、清水アキラの息子の清水良太郎、YOSHIKI、亀梨和也ほか、その人数は十指に余るほど。ただ、今回のような実業家の男性というパターンは初めてだ。

 深田は今年36歳。「そろそろ……」と焦っても不思議ではない年齢だが、ネットには、

「余計なお世話だが絶対やめたほうがいいと思う」
「付き合うのは自由ですが、深キョンにはもっとふさわしい人がいると思う」
「幸せになって欲しいが男運が無さそうな気がするなぁ」

といった声が寄せられており、交際を温かく見守るコメントはほとんど見当たらない。なぜ2人の交際はここまで歓迎されないのか? ベテラン芸能記者の石田春男氏はこう分析する。

関連記事

トピックス

山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
ファーストサマーウイカ(右)の大叔父はファッション評論家・石津謙介さん(時事通信フォト)
《『光る君へ』清少納言を好演》ファーストサマーウイカの大叔父は“メンズファッションの神様”だった「カジュアルという言葉の生みの親」
週刊ポスト
妻の細谷志保容疑者
【4歳女児毒殺事件】「引きこもり状態の妻」「毎月100万円単位のネットショッピング」「1時間以上の喧嘩」「何も言えない夫」逮捕夫婦の異様な支配関係
週刊ポスト
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン