ライフ

【著者に訊け】森詠氏 警察小説『総監特命 彷徨う警官3』

 ここで赤報隊ならぬ赤衛隊事件の概要をまとめよう。まずは1987年1月、東洋新聞本社の外壁に散弾銃2発が撃ち込まれ、5月3日には目出し帽の男が横浜支局を襲撃。夕食中の記者1名の右手指を吹き飛ばし、1名が腹部を撃たれて死亡した。警察ではこの惨事を起きた日付にちなみ〈ハナコサン〉と呼び、声明文を出した赤衛隊の特定に総力を挙げたが、リクルート元会長宅銃撃や〈大利根康弘〉、〈竹本登〉元首相への脅迫も含め、8つの事件は全て迷宮入りとなっていた。

 そして事件は時効成立後の再捜査を総監直々に決めた〈特01号事案〉として復活。北郷が〈事件は公安が考えたほど複雑なものではない〉〈背景や余計な情報に惑わされず、通常の凶悪事件として見直す〉と促し、率直な意見を募る捜査会議のシーンは中でも見物だ。

◆次世代に警告を与えられる作品

「実はこれは事件当時、私が警察や右翼関係者、新聞記者にあたる中で話した会話が元になっています。なぜ犯人は目出し帽で顔を隠し銃身を短く切った散弾銃を使ったのかとか、なぜ犯行の後に一方通行を逆走し、見張り役のパンチパーマの男も含めて目撃されるほど慌てていたのかとか……。

 そうした疑問を潰していけば公安の言うような右翼犯行説にはならないはずなのに、彼らは声明文で〈反日分子〉一掃を掲げた犯人の思想背景に拘るあまり、事実を見誤ったんです。

 現場でも刑事部の人間は『少なくとも実行犯は右翼じゃない』と断言していて、今でいう半グレや散弾銃の扱いに不慣れな〈素人(トウシロウ)〉の線を追っていた。なぜそれが公安主導に傾いたのか、当時の政治状況や対刑事部との歴史的因縁に関しても、北郷には表面だけではない事実関係を語らせました」

関連記事

トピックス