芸能

フジのアナウンサー特番、高視聴率も番組構成に疑問の声

藤井フミヤの息子・藤井弘輝アナのインパクトは十分

 久しぶりにフジテレビに人気アナウンサーは現われるのか──。2月9日、21時からのフジテレビの土曜プレミアム枠で、『さんまのFNSアナウンサー全国一斉点検』が放送され、視聴率11.8%を獲得した。テレビ局関係者が話す。

「こういう番組を放送すると、『アナウンサーはタレントじゃない』という批判が必ず出てきますが、テレビに出ている以上、どうしてもタレント扱いされる部分はある。フジテレビが好調な時代、毎年のように人気アナが誕生していた。それは、このような番組で良さを引き出され、キャラクター付けされることも要因の1つとして間違いなくありました。新たな人気アナウンサーを輩出する意味でも、このような番組を放送する意義はあると思います。魅力を引き出す人材として、(明石家)さんまさんほど最適な司会者はいない」

 土曜プレミアム枠は、毎週バラエティや映画など多岐に渡るジャンルを放送。『FNSアナウンサー』は今年6回目の中で、1月26日放送の『報道スクープSP 激動!世紀の大事件V』の12.2%に次ぐ2位の数字を獲った。1月5日、19日放送の木村拓哉主演映画『HERO』、12日放送の『人志松本のすべらない話』よりも高かった。

 その一因として、19時から2時間にわたって『四大陸フィギュアスケート選手権2019 女子フリー』がオンエアされ、13.3%を獲得した影響も見逃せない。ただ、前出の関係者は番組構成に疑問を投げ掛ける。

「CMを跨がずに直接、フィギュアスケートから『FNSアナウンサー全国一斉点検』に移った。番組はオープニングトークが終わると、中村光宏アナと生野陽子アナの夫婦を最初に取り上げた。しかも、フジテレビアナウンス室でイチャイチャしているシーンを中心に約20分も2人にクローズアップ。その次は新婚である山崎夕貴アナとおばたのお兄さんのVTRを約10分も流した。フィギュアの視聴者層は40代や50代の女性が多く、彼女たちがアナウンサーの新婚生活を見たいと思うのか疑問です。

 また、番組の視聴者層として、女子アナ好きの男性が考えられます。しかし、彼らは女子アナの新婚生活なんて見たくないでしょう。前番組からの流れや主な視聴者を無視した構成で、一部の視聴者が離れたのではないか。今のフジで11.8%は高いが、構成次第でもう少し獲れたと思う」

関連記事

トピックス

西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
司会をつとめる島田アナ(写真/JMPA)
「安倍氏国葬」司会の島田彩夏アナは「国葬委員会の指名」とフジ回答 抜擢背景に「後継候補の甥の古巣だから」説も
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
式壇の様子
安倍氏国葬、武道館で「トイレ問題」発生中 男性用のみ行列、政治家が「これはまずい…」
NEWSポストセブン
阪神監督「再登板」が報じられた岡田彰布氏(写真は2008年)
阪神・岡田彰布監督再登板へ これで「掛布雅之監督」誕生の芽は永遠に潰えたか
NEWSポストセブン
「パパ活飲酒」を報じられた吉川赳議員。その吉川議員のパパも“逆ギレ”
パパ活問題・吉川赳議員の“実のパパ” 解任動議に「報じるメディアが悪い」と反論
週刊ポスト
笑顔を見せる坂本勇人(時事通信フォト)
巨人坂本の女性スキャンダル問題が収束せず CS進出なら“再炎上”で球団も苦慮か
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)
スキャンダルで炎上の香川照之、大メディアがスルーした坂本勇人 2人を分けた「スポンサー」の違い
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト