• TOP
  • 芸能
  • 『中学聖日記』岡田健史 好きになるのに年齢は関係ない

芸能

2019.02.25 07:00  女性セブン

『中学聖日記』岡田健史 好きになるのに年齢は関係ない

『中学聖日記』で大ブレークを果たした岡田健史(撮影/佐野方美(kiki))

 日本テレビ系情報番組『ZIP!が行ったアンケート調査『ネクストブレイク俳優2019』では、2019年期待の俳優第1位となり、『第99回ドラマアカデミー賞』でも最優秀助演男優賞を受賞。ドラマ『中学聖日記』(TBS系)で大ブレークを果たした“大型ルーキー”が岡田健史(19才)だ。

 グラビア撮影中でも足元に落ちているペットボトルをさっと拾い上げて、ニコッと笑う。

「ゴミ拾いは日課です。絶対神様は見てると思うので、落ちている“運”を拾えるように」

 大抜擢されたドラマ『中学聖日記』の黒岩晶同様、真面目一徹に見える岡田だが、意外にも芸能界は肌に合っているという。

「人は必要な時に必要な人と出会うという言葉もあるくらい、自分にとって“出会い”は大切にしたいことで。お芝居に出会ったのも、そのひとつですよね」

 中1の冬から5年間、現在の事務所から猛アプローチを受け続けるも、当時は強豪校でキャッチャーを務める野球漬けの生活で、芸能界に全く興味がなかったという。だが高3の夏、演劇部の助っ人として参加した演劇大会で、芝居との運命的な“出会い”を果たす。演じることの虜になった岡田は芸能界入りを決め、デビュー作『中学聖日記』は社会現象となった。教師と中学生の“禁断の恋”がテーマだったため、賛否両論が巻き起こった。

「ぼくは、毎日必死だったので反響を気にしている場合じゃないというか、とにかく晶を生きることに集中していました。

 でも、もちろんできなかったことだらけで…。全てをレベルアップしないとこの世界では生き残れないと思っています。えっ、ライバルですか? 自分に勝たないと人には勝てないと思うので、最大の敵は自分です」

“好きになった女性がタイプ”と、恋愛面の質問でも“優等生”な彼。

「自分より年上でも、全然(問題ない)。好きになるのに年齢は関係ないと思いますし、立場も関係ない。これは晶から学んだことです」

 ひとまわり大きくなった岡田を早く見たい!

【プロフィール】
岡田健史/おかだ・けんし 1999年5月12日生まれ。福岡県出身、O型、身長180cm。『中学聖日記』の黒岩晶役で鮮烈なデビューを飾る。

※女性セブン2019年3月7日号

関連記事

トピックス