• TOP
  • 芸能
  • 小川彩佳アナ『NEWS23』就任の一方、雨宮塔子アナは降板か

芸能

2019.03.04 07:00  週刊ポスト

小川彩佳アナ『NEWS23』就任の一方、雨宮塔子アナは降板か

次はTBSの夜の顔に?(写真/ロケットパンチ)

 3月限りでテレビ朝日を退社し、フリーになる小川彩佳アナ(34)が7月から『NEWS23』(TBS系)のキャスターになる方向で調整していると報じられている。テレ朝の看板番組『報道ステーション』のサブキャスターを、2011年4月から2018年9月まで務めたその実力は高く評価されている。

『NEWS23』は、2016年7月に元TBSの雨宮塔子アナ(48)がキャスターに就任したことが話題となったが、現在は平均視聴率3~4%と苦戦している。

「小川アナは3月末までテレ朝に残ると発表されているので、さすがに4月からTBSに出ることはあり得ません。夏から秋にかけてのタイミングで起用されるのではないか」(TBS関係者)

 当初、雨宮アナとの“ダブルキャスター体制”になるのではないかとも囁かれていたが、ここにきて、驚きの情報が飛び込んできた。

「現在MCを務める星浩氏は残留し、雨宮塔子アナは降板の方向のようです。視聴率低迷が続いているだけに、小川アナへの期待は非常に大きい」(TBS関係者)

 とはいえ、退社わずか4か月での他局への“移籍”は異例のことだ。2018年3月をもってNHKを退局した有働由美子アナ(49)でさえ、日本テレビ『news zero』のメインキャスターに就任するには半年以上の時間を要した。テレ朝関係者がいう。

「2018年9月に『報ステ』を降板したものの、彼女には再び報道番組の最前線に返り咲きたいという思いが強かったようだ。局内には“義理を欠いている”という批判もあるが、“真面目な彼女が覚悟をもって決めたことだから応援したい”という声のほうが多い」

※週刊ポスト2019年3月15日号

関連記事

トピックス