ライフ

質の低い銀歯使って高い治療費請求 悪徳歯医者の手口

「危ない銀歯」を埋められていないか(撮影/岩澤倫彦)

 何度も歯医者に通い、削って、詰める──虫歯治療は患者にとって時間もカネもかかる。しかし、その虫歯治療の主流をなす「銀歯」をめぐり、一部の歯医者が患者の信頼を裏切るような治療を行なっている。『やってはいけない歯科治療』著者でジャーナリストの岩澤倫彦氏が、静かに広がっている危機をレポートする。

 * * *
◆発がん性の指摘も

 これからあなたが虫歯の治療を受けようとしていたら、ぜひ注意していただきたい。粗悪な銀歯で治療される恐れがあるからだ。

「患者さんに黙って、『ニッケル・クロム合金』や『銀合金』が、銀歯として使用されています。それが口腔内で、どのような影響を及ぼすかお分かりですよね? どうすることもできず、心苦しい限りです」

 こう内実を明かすのは、銀歯を製作している歯科技工士だった。保険診療で一般的に使用される「銀歯」は、金12%、パラジウム20%、銀40%以上を含む、金銀パラジウム合金=通称「金パラ」を指す。それが、「ニッケル・クロム合金」や「銀合金」が使われるようになった理由は、「価格差」にある。

 大臼歯(奥歯)をクラウン(被せ物)で治療した場合の診療報酬額は、金パラで「9670円」。このうち金属代は「5130円」を占める。それがニッケル・クロム合金では「4640円」の診療報酬のうち、金属代は僅か「100円」。銀合金では「5030円」のうち、金属代は「490円」でしかない(患者負担は1割または3割)。

 治療費が安い方がいい、と思う人もいるだろうが、患者にとって無視できないデメリットがあるのだ。

関連記事

トピックス

木本慎之介さん
【メディア初インタビュー】西城秀樹さん長男・木本慎之介さんが明かす父の記憶「まったく飾らない人だった」
女性セブン
大関・貴景勝(左)と大関・霧島の「綱取り」を巡るムードに大きな違い(時事通信フォト)
大関・霧島「綱取りムード」の盛り上がりが貴景勝と大違い 勝ち星の数だけでなく“親方の立場の違い”も影響
週刊ポスト
いじめが発覚した山形県酒田市立第一中学校
《酒田・女子中学生自死の中学で再びいじめ》女子生徒に「4(死)んだら?」「友達の8割はお前のこと嫌っている」SNSに誹謗中傷で学校は“警察案件”と警告
NEWSポストセブン
騒動はどのような結末を迎えるのか(左から田中将大、安楽智大/時事通信フォト)
《楽天・安楽智大がパワハラで自由契約》田中将大にも波及するなか、スポーツ紙が削除していた「文言」
週刊ポスト
女児が転落したとされたジャングルジム
「息子の尿をコンドームに入れて隠し持ち、任意提出した」覚醒剤所持で有罪判決を受け、子供をネグレクト状態に置いていた母親の言い分
NEWSポストセブン
羽生結弦(時事通信フォト)
【羽生結弦「105日間の新婚生活」の真相】母親はお相手を“完無視”か、“追い出し部屋”と化していた愛の巣
女性セブン
懸命なリハビリが続く西川史子
【全文公開】西川史子、今年6月に脳出血再発で懸命なリハビリの日々 父が語る現在の状態
女性セブン
アン・シネ
日本ツアーにアン・シネが戻ってくる! QTはパンツスタイルも、来季は「膝上30センチのミニスカ」が復活濃厚
NEWSポストセブン
羽生結弦(写真は2022年)
【ミニスカ、恋愛歴も】羽生結弦にとって想定外?「元妻Aさんの過去情報」も離婚理由になったか 
NEWSポストセブン
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
女性セブン
記録ずくめのシーズンを送った大谷翔平(写真=AP/AFLO)
記録ずくめだった大谷翔平の2023年 打者専念の来季は「60本塁打」「三冠王」も夢ではない
週刊ポスト
羽生結弦
羽生結弦、離婚の真相 元妻にとって「想像とは異なる新婚生活」“アスリート妻”としての役割与えられなかったか
女性セブン