• TOP
  • ライフ
  • 質の低い銀歯使って高い治療費請求 悪徳歯医者の手口

ライフ

2019.03.13 11:00  週刊ポスト

質の低い銀歯使って高い治療費請求 悪徳歯医者の手口

「危ない銀歯」を埋められていないか(撮影/岩澤倫彦)

 何度も歯医者に通い、削って、詰める──虫歯治療は患者にとって時間もカネもかかる。しかし、その虫歯治療の主流をなす「銀歯」をめぐり、一部の歯医者が患者の信頼を裏切るような治療を行なっている。『やってはいけない歯科治療』著者でジャーナリストの岩澤倫彦氏が、静かに広がっている危機をレポートする。

 * * *
◆発がん性の指摘も

 これからあなたが虫歯の治療を受けようとしていたら、ぜひ注意していただきたい。粗悪な銀歯で治療される恐れがあるからだ。

「患者さんに黙って、『ニッケル・クロム合金』や『銀合金』が、銀歯として使用されています。それが口腔内で、どのような影響を及ぼすかお分かりですよね? どうすることもできず、心苦しい限りです」

 こう内実を明かすのは、銀歯を製作している歯科技工士だった。保険診療で一般的に使用される「銀歯」は、金12%、パラジウム20%、銀40%以上を含む、金銀パラジウム合金=通称「金パラ」を指す。それが、「ニッケル・クロム合金」や「銀合金」が使われるようになった理由は、「価格差」にある。

 大臼歯(奥歯)をクラウン(被せ物)で治療した場合の診療報酬額は、金パラで「9670円」。このうち金属代は「5130円」を占める。それがニッケル・クロム合金では「4640円」の診療報酬のうち、金属代は僅か「100円」。銀合金では「5030円」のうち、金属代は「490円」でしかない(患者負担は1割または3割)。

 治療費が安い方がいい、と思う人もいるだろうが、患者にとって無視できないデメリットがあるのだ。

コメント 6

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス