• TOP
  • スポーツ
  • イチロー 成功という言葉を嫌い「野球の神様」に愛された男

スポーツ

2019.03.22 11:00  NEWSポストセブン

イチロー 成功という言葉を嫌い「野球の神様」に愛された男

 そして、現役生活は、彼一人の戦いではなかった。会見の終盤、妻・弓子さんと愛犬への感謝も口にした。「アメリカ3089本のヒットを打ったが、妻が握ったおにぎりの数が2800個くらい。(彼女は)3000個いきたかったみたい。そこは3000個握らせてあげたかったと思う。我が家の愛犬現在17歳7カ月一弓(イッキュウ)。さすがにおじいちゃんになってきて、毎日フラフラなんですが、その懸命に生きる姿を見ていたら頑張らないと本当に思いました妻と一弓には感謝の思いしかない」。公の場でプライベートの話題を滅多に口にしなかったイチローが、独特の表現で感謝の意を述べた

 私は常々、野球の神様がいると思っている。イチローはその野球の神様に、最も近づいたに選手の一人カタカナのイチローってどうなるのか? 元イチローになるのかな。どうなんだろう? 何になるか……監督は絶対に無理。これは絶対が付く。人望がない。本当に人望がないと、笑わせた

 平成最後のメジャー開幕戦に、生まれ育った日本で、そのバットを置いたイチローは、「鈴木一朗に戻る。これから「元イチロー」と呼ばれる彼が、新しい時代、どんな形で野球にたずさわるのか、楽しみでならない。

【PROFILE】古内義明(ふるうち・よしあき)/立教大学法学部卒、同時に体育会野球部出身。1995年の野茂英雄以降、これまで二千試合を取材。著書に、『メジャーの流儀~イチローのヒット1本が615万円もする理由』(大和書房)など、これまで14冊のメジャー書籍を執筆。(株)マスターズスポーツマネジメント代表取締役、テレビやラジオで高校野球からメジャーリーグまで多角的に比較・分析。立教大学や早稲田大学エクステンションでは、「スポーツビジネス論~メジャーの1兆円ビジネス」の教鞭を執る。

関連記事

トピックス