• TOP
  • ライフ
  • 平成最後のジャンボ宝くじ 10万円以上の本数は昨年の1.6倍

ライフ

2019.04.01 07:00  女性セブン

平成最後のジャンボ宝くじ 10万円以上の本数は昨年の1.6倍

運頼みの宝くじ、大きく儲けるのは簡単ではない

平成最後のジャンボ宝くじが発売

 4月1日~26日まで、2種類のドリームジャンボ宝くじが発売される。抽せんは5月10日で、「平成最後のジャンボ宝くじ」となる。

「ドリームジャンボ宝くじ」は1等3億円(前後賞合わせて5億円)という豪華賞金が魅力的。「ドリームジャンボミニ」は1等3000万円(前後賞合わせて5000万円)が30本も用意されている。

 さらに今年は中間賞金も充実している。2種類のジャンボ合計で、100万円以上の当せん本数が291本(昨年の1.1倍)、10万円以上は5390本(昨年の1.6倍)も当たるため、より多くの人にチャンスがある。

 ところで、これまでに「ドリームジャンボミニ」の1等は11回抽せんされているが、そのうち半分以上の6回で、番号の十の位に4が出ているのだ。逆に言えば、4が出ない時の方が珍しいということになる。連番で購入する場合、番号の指定が可能であれば、十の位が4のものを選ぶといいかもしれない。

 今年の発売最終日は大型連休直前の金曜日。買い忘れには気をつけて。

※女性セブン2019年4月11日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス