• TOP
  • 国内
  • 幹部が明かす特殊詐欺組織のシステムとリスク管理

国内

2019.04.14 07:00  NEWSポストセブン

幹部が明かす特殊詐欺組織のシステムとリスク管理

特殊詐欺グループのリスク管理とは?

特殊詐欺グループのリスク管理とは?

 警察の内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た警官の日常や刑事の捜査活動などにおける驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、前回に引き続き、特殊詐欺犯罪の裏事情について掘り下げる。

 * * *
「オレオレは種類がすごく多くてね。成りすましから未発行株、保証金から架空請求、マルチの投資に不動産と手口が何種類もある。それに組織によって得意不得意がある」

 暴力団関係者らに取材をしていると、確かに特殊詐欺は組織によって、得意とする詐欺の種類やシステムが異なっていることがわかる。オレオレを劇場型の振り込め詐欺に進化させている組織、税金や保険料、公共料金と対象を変えては還付金詐欺を続ける組織もあれば、「儲かります」と電話して未公開株や外貨など手を替え品を替えだます組織もあるという。

 今回、話を聞いたのは反社組織下部の有力団体トップ。つまりは暴力団関係者、“稼業”の人だ。取材場所は東京駅に近い某ホテルの喫茶室。ここは稼業の人たちがよく利用していると噂のホテルだ。入って行くと、商談中らしきグループが数組テーブルを囲んでいた。誰もこちらに顔を向けないが“見られている”という感覚を覚える。

「ここにも多いが、バーは詐欺師の山だ。入って行けば、稼業や詐欺師は一発でわかる。やつらは頭を動かさず、目の端で入ってきたやつを捉える。どう動くのか、どこに座るのか。カタギのやつらは自分たちの話に夢中だから、こっちには目もくれない」

 喫茶室に入るなり彼の顔つきが変わったが、案内された席に着くと左右に目を走らせ、鼻で笑った。

「組織によって得意な詐欺は違う。日本人なら手の込んだ詐欺もやるが、中国人はオレオレや振り込めが多い。上野には中国のオレオレ詐欺専門がいる。この手の詐欺は、どれも事務所が特定できない所で電話して、中国のサーバーを経由させている」

 最近は中国人詐欺師による中国人相手の特殊詐欺も出ているらしい。

「日本人で手広くやっているのは東京に会社をいくつも持ち人を集めて、得手不得手で『この人はここ、この人はここ』と配分している。上に誰がいるのか教えないし、働いているやつは全員、偽名だ」

 それがリスク管理だと、彼はこともなげに言う。

「会社に200万円だましたやつが6人いれば、売上は1200万。システム的に電話したやつ、掛け子だな。そいつの取り分は30%だ。1人で1000万だましたら、そいつの取り分は300万。会社には残りの700万が入り、親玉にいくのはその30%だ。このシステムは受け子や出し子が問題で、リスクがあるのはそこだ。捕まるきっかけは、たいがい受取場所と引き出しに行く人間だ」

 掛け子はだます相手に電話を掛ける役、受け子は金を受け取りに行く役、出し子は利用された銀行口座から金を引き出す役だ。

「上にいる者や掛け子は問題ないが、受け子や出し子は捕まる可能性がある。バイトで集める組織もあれば、リストから電話して勧誘するやつらもいる。名簿屋から買った自己破産者したやつやオレオレでだまされたやつ、借金で首が回らなくなったやつのリストさ。どんなことをしても金が必要なやつらだ」

 ここでも名簿屋のリストが活用されている。

「出し子や受け子がどこに金を取りに行くのか、知っているのは組織内の人間。その金を集金しに行くのは信用できるやつだけだ」

 出し子や受け子が持ち逃げすることはないのか?

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス