• TOP
  • ライフ
  • 昔懐かしい「絶品しっとりチャーハン」が味わえる東京名店2選

ライフ

2019.04.18 16:00  週刊ポスト

昔懐かしい「絶品しっとりチャーハン」が味わえる東京名店2選

「三陽」のチャーハン 600円(スープ付き)

 中華料理の“王道”であるチャーハンだが、米の種類や具材の組み合わせ、炒め方でまったく違った味わいになる。

 今回は、ブログ「チャーハン・炒飯 美味礼賛」筆者の光安弘毅氏がオススメする、どこか懐かしく安心できる「しっとりチャーハン」の名店を2店紹介しよう。

 官公庁街が近く、オフィスビルが立ち並ぶ虎ノ門エリアで働く人々に愛されている街中華店が「三陽」だ。

 看板メニューの一つである「チャーハン」(600円/スープ付き)で使用するのは、新潟県産コシヒカリ。

 ラードを熱した中華鍋に卵を入れてさっと火を通すや、素早くご飯を入れて炒め、チャーシュー、静岡県産のナルト、グリーンピースを投入してさらに鍋を振る。この一連の作業にかかる時間はわずか1~2分。お玉から皿に移されたご飯はラードをまとって、しっとり艶やか。

 塩や醤油などで味付けした昔ながらの懐かしいチャーハンは、一口食べるたびに米の旨味が広がり、心も温かくなる。

関連記事

トピックス