• TOP
  • ビジネス
  • 医療・介護費の負担を減らせる完全リタイア後の手続き

ビジネス

2019.05.29 07:00  週刊ポスト

医療・介護費の負担を減らせる完全リタイア後の手続き

完全リタイア後の手続き(80歳以降)

「要介護・要支援認定を受けた人が自宅にスロープや手すりを取りつけたり、段差を解消するなどのリフォームを行なう場合、介護保険の居宅介護(介護予防)住宅改修費を利用すれば、20万円を上限に工事費が支給されます」(ファイナンシャル・プランナーの福島えみ子氏)

 制度を賢く利用すれば、収入が年金だけになってもゆとりを持った暮らしが可能になる。

※週刊ポスト2019年6月7日号

関連記事

トピックス