• TOP
  • ライフ
  • 超映画マニアの音楽家の膨大なレビュー【坪内祐三氏書評】

ライフ

2019.06.07 16:00  週刊ポスト

超映画マニアの音楽家の膨大なレビュー【坪内祐三氏書評】

 しかしその数がハンパではない。二〇一三年に見たのは五百三十三本で、以降さらに増えているだろう(一日五、六本見る日もざらだ)。もちろんDVDではなく映画館でだ。

 巻末にその二〇一三年から二〇一八年に至る日記が載っている。教えられたことは数多い。例えば田宮二郎主演の『夜の縄張り』で、田宮が経営するレストランの入口のショウケースの上で『話の特集』が販売されていた(二〇一三・五・九)とか、降旗康男監督の『裏切りの暗黒街』は一九六八年の渋谷と原宿が描かれている(二〇一六・六・二)とか。次に上映される機会は絶対に見逃さない。それからシネマヴェーラのあとでタコベルのタコスを食べなければ(二〇一五・十一・四)。

※週刊ポスト2019年6月14日号

わたくしのビートルズ 小西康陽のコラム1992-2019

関連記事

トピックス