• TOP
  • 国内
  • 安倍首相の母が転倒して入院、昭恵夫人が選択した「遠慮介護」

国内

2019.06.07 07:00  女性セブン

安倍首相の母が転倒して入院、昭恵夫人が選択した「遠慮介護」

義母の介護、昭恵夫人の選択は…

「洋子さんの体調不安は、永田町の関心事になっている“衆参ダブル選挙”にも影響します。というのも、安倍総理の選挙といえば、洋子さんが地元に入って選挙対策の陣頭指揮を執るのが通例です。しかし、今は洋子さんが無理をできる状況ではなさそうです。いくら総理大臣とはいえ、自分の選挙が盤石でない時に、衆院選挙をやりたくないはずです」(自民党関係者)

 安倍家全体を支えてきた洋子さんの緊急入院に、昭恵さんが出した答えが“遠慮介護”だった。

「夫は義母に頼り切っていて、義母も二人三脚でやってきた夫をとても信頼している。いざ義母の介護を考えた時に、昭恵さんが“何か力にはなりたいけど、自分が出る幕はないのではないか”と考えるのも無理はないと思います。

 昭恵さんがさまざまな会合や後援会、イベントに出たり、知人との食事会に出かけたりする様子がよく報じられますが、じっと家にいるのもはばかられるという気持ちもわかります。嫁である自分が不在にしている方が、母と息子が水入らずでいられるのではないかという気遣いがあるようです。周囲に何を言われようが出しゃばるのではなく、いい距離感を保つ。そんな介護の形も昭恵さんらしいのかもしれません」(前出・安倍家を知る関係者)

 義父母の介護をどこまでやるべきなのか――昭恵さんの置かれた環境は、決して特殊なケースではない。

 超高齢化で介護期間は長期化し、5年、10年と続くことも珍しくない。冒頭で触れたように、義母を介護する場合、実子よりも義理の娘の方が精神的負担が大きく、周囲のサポートが必要とされる。

 だが一方で、実子よりも義理の娘の方が、介護による「絆の深まり」と「感謝される喜び」を感じる割合が高いという。実子の方が、親のわがままや支配的な態度をストレスに感じて、「感謝される喜び」を感じにくいとの指摘もある。

 義母の介護によって得られるのは、大きな負担感か、感謝される喜びか――昭恵さんの介護は、どちらに向かうのだろうか。

※女性セブン2019年6月20日号

関連記事

トピックス