• TOP
  • 国内
  • 安倍首相の母が転倒して入院、昭恵夫人が選択した「遠慮介護」

国内

2019.06.07 07:00  女性セブン

安倍首相の母が転倒して入院、昭恵夫人が選択した「遠慮介護」

“遠慮介護”を選んだ昭恵さん(写真/アフロ)

 ある研究によると、高齢の母親を「実子」か「義理の娘」かが介護した場合、義理の娘の方が精神的負担を感じやすいそうだ。かつての日本では、嫁が義父母を介護することが当たり前だったが、「人生100年時代」になって、介護の長期化や価値観の変化などにより、義理の娘がどこまで義母の介護を請け負うべきかが議論の的になっている。さて、「国運」さえも左右する、この一家の場合は──。

 安倍晋三首相(64才)が5月15日夜7時、東京・赤坂の寿司割烹の暖簾をくぐると、集まっていた往年の知人たちは、やや困惑した表情で出迎えた。

 安倍首相の実父で、通産相や外相などを歴任した安倍晋太郎氏の命日に合わせ、毎年恒例で開かれる「偲ぶ会」。その場に、晋太郎氏の妻で、安倍首相の母である洋子さん(90才)の姿がなかったのだ。

 洋子さんといえば、「昭和の妖怪」と呼ばれた岸信介元首相の長女で、「政界のゴッドマザー」と呼ばれる重鎮である。

「洋子さんはゴールデンウイーク中に趣味の書道の教室に出かけた時、転倒して救急車で緊急搬送されたそうです。幸い、けがは大事には至らず、足をくじいた程度ですんだといわれています。洋子さんも周囲に『心配はいりません。すぐにハイヒールも履けるようになります』と話していたそうですが、念のために入院することになったようです。

 実は、ご高齢ということもあり、全身の健康状態をチェックすると、深刻な疾患の可能性が指摘されたそうです。しかし、90才という年齢を考慮して安倍首相ら家族と話し合い、手術などの積極的治療は行わないことにして、3週間ほど療養のため入院してから退院しました」(全国紙政治部記者)

 安倍首相も多忙な合間を縫って、5月中旬の週末、洋子さんの入院先の東京大学医学部附属病院(東京・文京区)を見舞った。昭恵夫人(56才)も同行したという。5月20日頃には、体調に不安を残しながらも、住み慣れたわが家に戻った洋子さん。その姿に心中穏やかでないのが、昭恵さんだという。

◆夫は義母に頭が上がらない

「東京・富ヶ谷にある安倍総理の私邸は、2階に総理夫妻、3階に洋子さんが住む二世帯住宅です。洋子さんの身の回りの世話には古くからの家政婦さんがいるものの、退院後、総理は洋子さんのことを心配し、早く仕事が終わると必ず3階に行って母親のそばにいるそうです。朝食もなるべく一緒に食卓を囲むようにしていると聞いています。

 一方の昭恵さんは毎日忙しくどこかに出かけていて、洋子さんの住む3階を訪れることはほとんどないそうです。もともと料理が得意ではない昭恵さんは食事を作ったりはしないそうですけどね」(安倍家を知る関係者)

コメント 5

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス