• TOP
  • 芸能
  • 小林幸子を「どん底」から救ってくれた北島三郎の言葉

芸能

2019.06.29 16:00  NEWSポストセブン

小林幸子を「どん底」から救ってくれた北島三郎の言葉

 下の道は、デコボコだけれど、驚きの連続でした。そして何より、「自分で切り拓いていく」という面白さがありました。しかも、この寄り道のおかげで、私はたくさんの人に出会えたし、たくさんの経験ができた。オヤジさんはわかっていた。人生の寄り道や道草が、決して無駄じゃないことを。

「ひとつ、いつもと違う角を曲がればそれはもう旅の始まり」。これは尊敬する永六輔さんの言葉。ようやく、この言葉の意味を実感しています。

 高速道路を走っていれば、角はありません。高速を降りたことで、私は初めて角を見つけた。角を自由に曲がる面白さを発見した。で、曲がってみる。寄り道です。でもここから新しい旅が始まる。これってワクワクしません?

※小林幸子・著『ラスボスの伝言~小林幸子の「幸」を招く20のルール』より抜粋

関連記事

トピックス