芸能

年間180冊読んでいた芦田愛菜、本棚にある気になる5冊

本の魅力について語る芦田愛菜

 女優としては“天才子役”として名をとどろかせ、学業では偏差値70超えの超難関中学校に進学。そんな芦田愛菜ちゃん(15才)の支えとなったのが、たくさんの本との出会いだった。愛菜ちゃんの愛する「本棚」の一部を初めて公開する。

《とにかく文字を読むことが好きなんです! 本や読むものが手元にない時は、たまたま置いてあった調味料のビンの裏に書いてある「原材料」「製造元」なんて文章を読んでいるくらいです(笑い)》

 そう“活字中毒”ぶりを明かしたのは芦田愛菜ちゃん。愛菜ちゃんが自身の「本好き」「活字好き」について赤裸々に明かした著書『まなの本棚』(小学館刊)が、7月18日に発売された。

「愛菜ちゃんがデビューしたのは6才。ドラマ『Mother』(日本テレビ系)で虐待される少女役を熱演し“天才子役”の名を欲しいままにしましたが、その頃から楽屋でも、移動中の新幹線でもずっと本を読んでいたのは有名な話です。

 それから7年が経った2017年には女優として多忙な中、偏差値70超えの超難関名門私立中学校に合格しました。

 愛菜ちゃんは小学生の時は年間180冊の本をリアルに読んでいた。これまでどんな本を読んできたのかはほとんど明かされてきませんでしたが、今回は絵本から海外作品までお気に入りの本が紹介されるということで、世間の母親世代から大注目を集めていますよ」(芸能関係者)

 愛菜ちゃんの“天才脳”をつくったのは、まぎれもなく「読書」といわれている。

「愛菜ちゃんにとって読書の魅力は“自分とは違う誰かの人生や心の中を知ること”だそうで、そんな『疑似体験』ができるのは、お芝居と読書との共通点だそうです。

 また、自分の想像力で物語の世界に入り込めることも読書にしかない魅力の1つで、“ページをめくるたびに広がる世界にどんどん吸い込まれていく”と熱く語っていました」(前出・芸能関係者)

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン