• TOP
  • 芸能
  • さくらももこ『コジコジ』 YouTubeでもズレた魅力を発揮

芸能

2019.07.28 07:00  NEWSポストセブン

さくらももこ『コジコジ』 YouTubeでもズレた魅力を発揮

『コジコジ』がYouTuberに(イラスト/ヨシムラヒロム)

(イラスト/ヨシムラヒロム)

 アニメーションのキャラクターが、YouTuberになった。ありそうでなかったYouTuber進出を現実にしたのが、2018年8月に亡くなった、さくらももこさんの漫画を原作として1997年から2年間放送されたアニメ『コジコジ』の主人公、コジコジと同級生の次郎だ。YouTuberになったコジコジたちは、その魅力を維持できているのか、イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が考えた。

 * * *
『コジコジ』はさくらももこのセンスが爆発した作品である。それゆえ『ちびまる子ちゃん』以上に濃いファンが多い。2017年11月にはアニメ放送20周年を祝したYouTubeアカウント『コジコジチャンネル』を開設。現在に至るまで、定期的に動画配信を続けている。結果、2019年7月には登録者数5万人を突破。そして2019年7月18日、20年ぶりの新作「コジコジ、次郎、YouTuberになる?」が公開された。

 早速、再生してみる。YouTubeの画面に登場した主人公コジコジと友達の次郎、おぉ感慨深い。20年前よりも画質が良くなっているが、キャラクターデザインは同じ。雲、山、木々で構成されるおなじみの背景もたまらない。

 過ぎ去った年月を感じさせない軽さで「いやぁ、みんな久しぶり」と語りかけてくる次郎。感傷的になっているのは僕だけ、劇中2人はいたって軽やかである。3分半の劇中、時間いっぱいに繰り広げられるのは不毛なやりとり。YouTuberと名乗ってはいるもののコジコジはずっとコジコジだった。

 続いて、次郎は「YouTubeを始めるまでは何をしていましたか?」と視聴者の質問を読み上げる。天然キャラのコジコジ、すぐに回答はしない。「うーんとねぇー」と言いつつ、右往左往と話をズラしていく。これこれ! 2人の淡々としたやりとりに思わずやけてしまう。20年前に観ていたアニメでもコジコジは次郎を終始いなしていた。

 次郎は流行りものが好きな俗物的なキャラクター(当時はコーネリアスと電気グルーヴにハマっていた)。フワフワしているコジコジに「なるべく早く答えてくれよ! ここまで来るのに結構時間かかちゃったんだから!」とツッコむ。彼はキャラクターなのにも関わらず、YouTubeの動画が長尺になればなるほど再生数が増えにくくなることを知っているのだ。

「第1回はここまで、次回をお楽しみに!」と動画は終わった。YouTuberコジコジには続きがあるようだ、ファンとしては嬉しい展開である。

 過去の名作アニメがYouTubeで復活し、新作オリジナルを発表する試みは、僕が知る限り『コジコジ』が初めて。有名キャラクターがYouTuberになることに新たな動画配信の可能性を感じた。

 人気YouTuberと比べれば、コジコジと次郎のやりとりは派手さに欠ける。しかし、動画の世界観は誰よりもオリジナル。アニメキャラクターなのにも関わらず、ズレる2人のかけあいも良い。オードリーのズレ漫才に似た空気感といえばいいのだろうか。ともすればアニメファンだけではなく、お笑いファンも取り込めると思う。また、YouTuber化といった試みはキャラクターに新鮮味を与えている。何事にもいえるが、更新し続けないとサバイブできない。新たな挑戦はキャラクターの商品価値の延命にも繋がる。

関連記事

トピックス