ライフ

高殿円×宇垣美里「恋愛が二の次で何が悪いの?」で合意

宇垣美里さんは神戸出身

宇垣:やっぱり大丸さんがモデルなんですね。なんか、うれしい。私も神戸育ちなので、地元の百貨店といえば、ずっと大丸でした。

高殿:もちろん最初から、詳しいお話を聞くことはできません。何度もしつこく足を運んでいるうちに、少しずつ教えてくださるようになって、こうじゃないか、ああじゃないかと手探りしながら書いたのが1巻です。取材先は大丸さんだけじゃなくて、三越をお辞めになったカリスマ外商員の方や、そごうや伊勢丹などで働いていらっしゃる方も個別にリサーチして、混ぜて書いています。

宇垣:義母の財産を当てに脛をかじる嫁たちやワケありっぽいセレブなども登場して、顧客の顔ぶれもバラエティに富んでいます。ヤクザさんが出てくるのも神戸らしいといえば神戸らしい(笑)。

高殿:それでも、さすがに外商員の方を直接取材するのは難しい。そこで外商部の顧客である芦屋のリッチな方にコネクションを持っている人は誰だろうと考えました。いろいろリサーチする中で、不動産業の方ならご存じじゃないかと。たまたま、ある不動産会社の社長さんとご縁が出来て、お話を伺わせていただきました。もちろんプライバシーに関わるようなことはお聞かせ頂けませんが、漏れ聞こえてくるエピソードの断片をジグソーパズルみたいに組み合わせていくうちに、なんとなく芦屋のセレブとお付き合いする外商の世界ってこうなんじゃないかと見えてきたんです。一度だけ、外商さんに同行させていただいたことがあるのですが、アタッシュケースに宝石がごろごろ入っていて、その総額がなんと10億円。持ってみますか? どうぞ、どうぞ、って無造作にケースを渡されても…小市民なもんで、震えちゃいました(笑)。

宇垣:私が外商員だったら、盗まれるんじゃないかと心配で、アタッシュケースをぎゅっと抱きかかえて歩きそう。挙動不審で怪しい人だと思われちゃうかも(笑)。

高殿:主人公の静緒は、男社会の外商部に配属されるけれど、それでも自分を曲げずに正面突破で突き進んでいきます。なんとなく宇垣さんに似ているのかなと思いました。

宇垣:バリバリ頑張っている静緒の姿は、すごく励みになりましたし、恋愛が二の次で何が悪いの?という生き方には、ちょっと背中を押してもらいました。

高殿:やっぱり、そうなんだ。

宇垣:私はこれまでの人生の中で、女性に嫌がらせされるより、男性に嫌がらせされることのほうが圧倒的に多かったんです。女性はネチネチしていて陰湿だって言われるけれど、それは違うと声を大にして言いたい。マスコミも男性中心の社会なので、古い体質のところもあるけれど、「お茶くみをしろ」だとか「セクハラなんてうまくうけながせばいい」という風潮に対しては、最初の段階から「NO」と大きな声で言っていました。それが良かったのか悪かったのかはわかりませんが、これからはもっと私のような女性が増えてくるでしょうし、そうじゃないといけない。いなすんじゃなくて、ガチンコ勝負したほうが良くない?って思います。静緒のようにね。

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン