ビジネス

ベンツBクラスがイメチェン ライバルが古臭く見えるほど進化

「ハイ、メルセデス」で話題の対話型インフォテイメント・システムを搭載

「ハイ、メルセデス」で話題の対話型インフォテイメント・システムを搭載

◆MBUXにクールなルックスが特徴

 そんなプレミアム・コンパクトの実用モデルであるBクラスが新しくなりました。今度のモデルは第三世代です。中身は、昨年秋に日本でも発売されたばかりの新型Aクラスと同じ。話題は、新開発された対話型インフォテインメントシステムMBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)を搭載したことです。

 これは「エクスペリエンス(体験)」と名のつく通り、斬新なものです。メーターは完全なるモニター状になり、「ハイ! メルセデス」と声をかければ、スマート・スピーカーやスマートフォンのように、対話形式で操作ができるようになります。BMWも同じような機能を搭載し始めていますが、Bクラスのライバルである2シリーズは未搭載。ここで、大きな差がついています。

 ちなみに「スマートフォンではずいぶん前から可能なことが、なんでクルマでは今さらなの?」という疑問には理由があります。それは「クルマの置かれる環境が厳しすぎるから」です。

 クルマの車内は最高で100度近い灼熱から、マイナス数十度という厳しい温度環境になります。さらに振動も大きいし、ホコリや湿気も相当にひどいため、普通のスマートフォンやパソコンではすぐに壊れてしまいます。さらに、そうした機能を搭載するのが、あまり高額になっても困るので、なかなか実現しませんでした。そういう意味で、コストに余裕のあるメルセデス・ベンツやBMWから採用がスタートしたと言っていいでしょう。

 そして新型Bクラスのもうひとつの特徴がデザインです。「Sensual Purity(官能的純粋性)」というメルセデス・ベンツのデザイン思想からBクラスは生まれました。いちいち能書きは理解しなくても、そのカッコよさやスポーティさは一見すれば分かるでしょう。

 従来からあるBクラスは、どこか所帯じみたというか、実用性が強く感じられるものでしたが、新型はまったく違う印象です。あまり背の高さも感じさせませんし、これでBクラスのイメージはガラリと変わりました。

 それは室内も同じです。暗いトンネルを走ると、ドアやダッシュボードなど煌々とLEDのアンビエントライトが光ってびっくり。ファミリーではなく、恋人同士で乗りたい雰囲気のクルマです。

関連キーワード

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン