• TOP
  • ビジネス
  • 「冷凍チャーハン」100億円市場、各社こだわり開発の舞台裏

ビジネス

2019.09.01 11:00  NEWSポストセブン

「冷凍チャーハン」100億円市場、各社こだわり開発の舞台裏

 こうした改良を加えた結果、開発陣としては、現行品から大きく変えづらくなったことが悩ましくなったという。消費者による試食でも現行品が改良品に評価で勝ることもしばしば。「味の記憶のストライクゾーンを外してはいけないので難しい」(奥村氏)という。

 冒頭で本格炒め炒飯への思いを語ってくれた冷凍王子・西川氏は、「米のパラパラ感はもちろん、口に含んだときの香りも秀逸。炒めたてのチャーハンの雰囲気がよく出ている。とにかくシンプルで、具材も特別なものはない。安心する昔ながらの中華屋さん的な味が、ロングセラーの理由でしょう」と評価する。

◆「冷凍チャーハン界の黒船」も登場し群雄割拠の市場に

 とはいえ、急成長を遂げる冷凍チャーハン市場は、ニチレイの本格炒め炒飯だけではない。今回、当サイトでは20~60代の男女約200人に好きな冷凍チャーハンに関するアンケートを実施した。すると、意外な結果が現れた。得票数でトップに立ったのは「本格炒め炒飯」(64票)ではなく、味の素冷凍食品の「ザ★チャーハン」(72票)だったのだ。

味の素冷凍食品の「ザ★チャーハン」

 ザ★チャーハンの発売は2015年で、本格炒め炒飯に比べると後発。だがパッケージに大きく「焦がしにんにくのマー油と葱油が香る」と書かれているように、がつがつと食べたくなる味と香りが特徴だ。

 冷凍王子・西川氏も、「“冷凍チャーハン界の黒船”と呼んでいます。ガツンとくる風味が特徴で、パッケージも黒に金文字という斬新なもの、さらに俳優・小栗旬さん出演のテレビCMの効果もあり、非常に“男ウケ”のいいチャーハンです」と評する。

 さらに水産大手マルハニチロも、「あおり炒めの焼豚炒飯」という定番ヒット商品を持つ。中華の名店「赤坂璃宮」のオーナーシェフ、 譚彦彬氏が監修し、あおる回数、時間、鍋肌の温度、具材投入タイミングのすべてをデータ化し、調理手順を完全に再現した世界に1台だけの炒飯製造機を開発したという。

関連記事

トピックス