• TOP
  • 芸能
  • 錦戸亮の最後の関ジャニライブ ファンは「覚悟していました」

芸能

2019.09.05 19:00  NEWSポストセブン

錦戸亮の最後の関ジャニライブ ファンは「覚悟していました」

退社することを発表した錦戸亮

 アイドルグループ「関ジャニ∞」の錦戸亮(34)が5日、所属するジャニーズ事務所を9月末で退所することをファンクラブHPで発表した。関ジャニ∞は今年で15周年を迎える。9月1日から9月3日までの3日間、東京ドームにて15周年ライブ「十五祭」を行い、これまでのライブ・イベントでの累計総動員数は1000万人を突破した。

 翌日、同じ東京ドームでは、関ジャニ∞の舞台セットを一部使い、育ての親であるジャニー喜多川氏の「お別れの会」が開かれた。当日の会場では、関ジャニ∞の元メンバーである内博貴、渋谷すばるが在籍していた時代の映像も流れたことがファンの間でも話題となっていた。

 錦戸の退所発表を受けて、ファンはどのような心境なのか。「十五祭」の最終日公演に参加したというエイター(関ジャニ∞のファン)・Aさん(30代)からは次のような声が上がっている。

「十五祭はアリーナのメインステージ目の前の席でした。肉眼で亮ちゃん(錦戸)が見えましたが、終始、遠くを見つめるような表情だったのが印象的でした。決して涙は見せませんでしたが大きな瞳は潤んでいた。とくに東京ドームの3公演では、いつも以上に歌に心を込めていたことが伝わってきて、見ているこちらも涙が出ました。ステージ付近にいるファンには笑顔を見せて、まっすぐな目で歌ってくれていましたね。今まで本当にありがとう、と感謝の気持ちを伝えたいです」

 また、錦戸の入所当初からのファンであるという女性Bさん(40代)も、「十五祭」の最終日の錦戸についてこう語る。

「脱退の噂が出てからファンとして覚悟はしていました。とくに今回の十五祭では、脱退した元メンバーの名前や映像が流れたり、最終日にはメンバーのキャラクターの人形が会場に飾られたりと異例なことが多かった。

関連記事

トピックス