芸能

藤原紀香vs天海祐希の「サザエ対決」、周囲がざわめく事情

舞台版『サザエさん』で主演を務める藤原紀香

 今年10月、アニメ『サザエさん』(フジテレビ系)が放送50周年を迎える。さまざまなイベントが企画されるなか、関係者をザワつかせているのが女優2人の“競演”だ。

 東京の明治座では9月3日から、藤原紀香(48才)が主演する舞台『サザエさん』を上演中。アニメの10年後を描く内容で、波平役の松平健(65才)、フネ役の高橋惠子(64才)らが脇を固める。

 一方のテレビでは、スペシャルドラマ、『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』(フジテレビ系)が11月24日に放送される。こちらの主演は天海祐希(52才)。マスオ役が西島秀俊(48才)、カツオ役に濱田岳(31才)で、磯野家の20年後を描く。

 ともに「看板」を張る2人は、華々しい芸歴を誇る。

 藤原は1992年にミス日本に選ばれ、翌年女優デビュー。モデルやCM、司会でも才能を発揮し、歌舞伎役者の片岡愛之助(47才)の妻としても有名だ。

 一方の天海は史上最速ペースで宝塚・月組のトップに上り詰め、1995年に宝塚を退団後はテレビ、舞台、映画などで幅広く活躍する。竹を割ったような人柄で全世代の好感度が高い。

 2人のキャスティングに興味津々なのはテレビ局関係者。

「女優としての実績は天海さんが上ですが、藤原さんは天海さんと比べられることを承知でチャレンジしています。視聴率女王とも呼ばれる天海さんを相手に、“厳しい闘い”という辛口意見もあります。ですが、今回の舞台には藤原さんの“素顔”をよく知るスタッフがいて、おっちょこちょいでお調子者のサザエさんがハマり役と評判です。

 藤原さんは梨園の妻の経験からチケット捌きはお手のもの。今回も主演が決まるやいなや、友人や知人に購入をお願いしていて、舞台裏でもしっかりと貢献しています」

「サザエ対決」を意識しているのは外野ばかりではない。

関連記事

トピックス

スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
堂安律
スペイン戦同点弾の堂安律 地元・尼崎の商店街で称賛続々も「やっぱり岡田阪神のほうが楽しみや」の声
NEWSポストセブン
W杯の解説者たち 本田圭佑らの“視聴者を助ける”ワールドクラスな「アシスト力」
W杯の解説者たち 本田圭佑らの“視聴者を助ける”ワールドクラスな「アシスト力」
女性セブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン