• TOP
  • ライフ
  • 大國魂神社に競馬博物館 歴史と非日常が交錯する「府中」

ライフ

2019.10.04 16:00  週刊ポスト

大國魂神社に競馬博物館 歴史と非日常が交錯する「府中」

開放感溢れる東京競馬場

 秋競馬に出掛けるなら、新宿駅から京王線特急で調布駅まで14分、各駅停車に乗り換えて東府中駅で競馬場線に乗り換えて着く府中競馬正門前駅はおなじみだろう。新宿駅から京王線特急で20分の府中駅も含めた駅周辺には、歴史と非日常の開放感が交錯する各種レジャースポットが点在する街だ。

 律令時代に武蔵国の国府が置かれていたことが地名「府中」の由来。国府跡や古墳などの史跡が多く残り、府中駅南側の馬場大門のケヤキ並木は、源頼義・義家父子が戦勝祈願御礼として寄進したことに始まると伝えられる。

 一方、東京競馬場や多摩川競艇場などのレジャー施設を擁する街としての魅力も併せ持つ。また、2つのラグビーチームが拠点を置く「ラグビーのまち」だ。府中の見所を紹介しよう。

◆東京競馬場 東京都府中市日吉町1-1
 直線が長く開放的な馬場とヨーロッパの街並みを思わせるきれいな施設は、家族連れや女性にも大人気。フードコートも充実していて、1日ゆっくり楽しめる。ファン向けにバックヤードツアー(要事前予約)など随時イベントを開催。
・営業時間:開催日は9時~17時、平日10時~16時
・定休日:月・火・祝ほか
・入場料:一般200円(競馬開催時、15歳未満無料)

関連記事

トピックス