• TOP
  • 芸能
  • 木村拓哉&工藤静香の長女、フルート高校実質日本一の腕前

芸能

2019.10.10 07:00  女性セブン

木村拓哉&工藤静香の長女、フルート高校実質日本一の腕前

長女はフルート日本一の天才高校生だった

 舞台に立つ華奢な女性が自由自在にフルートを操る。体つきに似合わない力強い音色がドラマティックで抑揚のあるメロディーを奏でた。その澄んだ音は会場の隅々まで響き渡り、観客を魅了した。

「彼女の音の深みは、ほかの学生とはレベルが違います。まさに圧巻の演奏でした」(観客の1人)

 演奏曲は、著名なドイツ人作曲家、アントン・ベルンハルト・フュルステナウの『24の練習曲』。巧みな演奏テクニックを必要とする、フルート奏者の間では有名な練習曲だ。それを、堂々と演奏していたのは、木村拓哉(46才)と工藤静香(49才)の長女(18才)。

「この日長女は、ある著名なコンクールの東京大会予選に出場。フルート部門の高校の部を勝ち抜き、東京大会本選への出場を決めました。このコンクールは、音楽を志す誰もがあこがれる登竜門で、本選へ進めるのはわずかという難関です」(音楽関係者)

スタイル抜群の長女(2018年2月)

スラッとしたスタイルが目を引く

関連記事

トピックス