芸能

宇垣美里で最高視聴率、『太川蛭子の旅バラ』が生きる道

マドンナに宇垣美里を起用した回が高視聴率だったワケは?

 10月30日、『太川蛭子の旅バラ』(テレビ東京系)は、マドンナに宇垣美里を迎えてローカル路線バスを乗り継ぐ『バス旅2019』を放送。4月開始の同番組で最高視聴率の8.1%(ビデオリサーチ調べ/関東地区。以下同)を記録した。6月13日の同企画では2.9%まで落ち込んでいた数字が、なぜ劇的な回復を見せたのか。

 芸能研究家で、『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)で『NHK紅白歌合戦』や『教師びんびん物語』などの視聴率分析もしている岡野誠氏がその背景を考察する。

 * * *
 高視聴率のヒントは、蛭子能収のポロッと発した一言に隠れていた──。

 2年前に終了した不定期の人気番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』をリニューアルし、今年4月から『太川蛭子の旅バラ』がレギュラー化された。当初『ローカル鉄道寄り道旅』などを放送したものの視聴率が上がらず、5月に『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』を再スタートさせた。

 それでも、数字は芳しくならない。復活第1弾である5月16日は、日程が3泊4日から1泊2日に変更され、マドンナは1日目かたせ梨乃、2日目中川翔子という交代制になった。第2弾の6月6日、13日も日程は1泊2日のままで、マドンナは鈴木奈々1人だったが、途中からゲストとして中村雅俊が登場した。それでも、視聴率は5.2%、3.8%、2.9%と落ち込んでいった。どうしてか。

『バス旅』の良さは“緊張感”にあった。年齢も考え方も異なる3人が1つのゴールを目指して3泊4日も旅をすれば、必ずや衝突が起こり、予想だにしないハプニングにも見舞われる。

 だが、1日で人が代わったり、途中でゲストが入ったりすれば、緊張感が緩和されてしまい、平穏なまま終わってしまう。これらの方式は、往年の『バス旅』の持ち味を消してしまっていた。

 7月25日の放送からは従来通り、太川・蛭子コンビと女性ゲスト(通称・マドンナ)の3人だけの旅に戻した。すると、6.3%とこの時点での『旅バラ』で最も良い視聴率が出た。

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン