国内

あの問題提起から1年、秋篠宮「11・30誕生日会見」の注目発言

皇嗣としての真意は(時事通信フォト)

 皇嗣・秋篠宮は11月30日に54歳の誕生日を迎える。昨年の誕生日を迎えるにあたっての会見では、約1年後に迫っていた大嘗祭の費用について、「宗教色が強いものを国費で賄うことが適当かどうか」と疑問を呈し、さらにはその“問題提起”について宮内庁長官が「聞く耳を持たなかった」と明かしたことが波紋を広げた。

 それだけに、「会見を前に、今年は秋篠宮さまからどのようなお言葉が飛び出すのか、宮内庁幹部は神経を尖らせていた」(皇室ジャーナリスト)という。

「会見自体はすでに11月20日に行なわれているが、情報解禁は誕生日当日の午前0時。宮内庁がピリピリしているだけに、各社は例年以上に情報管理に慎重です。ただ、大嘗祭の費用を巡る質問が出て、秋篠宮さまもお答えになったと聞いている。今後も、秋篠宮さまのご発言の機会のたびに、宮内庁は注意深く対応していくことになるでしょう」(同前)

 その真意はどこにあるのか。皇室ジャーナリストの神田秀一氏はこういう。

「秋篠宮さまは、尊敬する高松宮宣仁殿下から皇族としての姿勢のあり方を学ばれたのだと思います。昭和天皇が国民統合の象徴となり、弟の高松宮さまは宮家当主であると同時に、皇室のスポークスマン的存在としてご意見を述べるようにもなっていた。兄である今上陛下を支える上で、ご自身は“意見を述べるという役割”を意識されているのではないでしょうか。

 秋篠宮さまは学習院大時代に法学者・芦部信喜氏のもとで学ばれ、以降も日本国憲法を熱心に勉強されている。大嘗祭の費用負担を巡る発言にしても、そうした知識を踏まえたお話だと感じました。大嘗祭は憲法に定められた国事行為にはあたらず、あくまで天皇家の私的行為。だから、その費用は内廷会計から出すべき、というお考えだったのではないでしょうか」

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト