• TOP
  • グラビア
  • 真木よう子、南野陽子ほか 「流行写真集大賞2019」

グラビア

2019.12.15 07:00  週刊ポスト

真木よう子、南野陽子ほか 「流行写真集大賞2019」

12年前に発売された写真集の秘蔵カットを収録した

 今年発売されたあの美女の話題作を「流行語大賞」になぞらえて識者が評価する「流行写真集大賞2019」が開幕。各賞に選ばれた女性たちを紹介しよう。

●上級美女賞/真木よう子
『別冊月刊 真木よう子 Noise』(小学館) 撮影■藤代冥砂

「12年前の写真集未収録の秘蔵カットを収録した特別版写真集で、細身の体に似合わぬ豊かなバストの下着姿やニット姿を披露。特に下着より美しすぎる胸の形がはっきりとわかるニット姿には圧倒されるだろう。開脚してタバコを吸うカットなど意識的に“だらしなさ”を演出しているものの、隠しきれない上品さが滲み出てくるのは、真木よう子という上級国民ならぬ「上級美女」ならではの魅力と言える」(講評・安田理央/アダルトメディア研究家)

【プロフィール】まき・ようこ/1982年10月15日生まれ、千葉県出身。来年2月22日放送予定のドラマ『ファーストラヴ』(BSプレミアム)に主演。

●三十四年に二度じゃない。一生に一度だ。賞/南野陽子
『記憶×南野陽子写真集』(講談社) 撮影■野村誠一

ファースト写真集は43万部を売り上げた

「1985年デビューの南野陽子が登場した週刊少年マガジン、週刊ヤングマガジン、DELUXマガジンのグラビアや、43万部の大ヒットとなったファースト写真集『陽子をひとりじめ…』のカットから厳選された写真集。

 ドラマ『スケバン刑事』出演前のあどけない表情から貴重な笑顔のビキニ姿も収められ、ナンノの同世代にとっては三十四年ぶり二度目の写真集ではなく、一生に一度の青春が詰まった写真集であるのは間違いなしです。(講評・北川昌弘/アイドル評論家)

【プロフィール】みなみの・ようこ/1967年6月23日生まれ、兵庫県出身。ドラマや映画、舞台などで幅広く活動する。

関連記事

トピックス