ビジネス

ハイサワー女性社長はなぜ「美尻カレンダー」にこだわるのか

「ハイサワー」で知られる博水社の田中秀子社長

「ハイサワー」で知られる博水社の田中秀子社長

 師走に入り、大型書店には来年のカレンダーが数多く販売されている。動物、自然、航空機などさまざまなカレンダーが並んでいるが、毎年根強い人気を誇る異色のカレンダーがある。ハイサワーで知られる老舗飲料メーカーの博水社が毎年発売している「ハイサワー美尻(びしり)カレンダー」である。セクハラ批判も受けかねないご時世、なぜ同社は女性のお尻だけを強調したカレンダーを作り続けているのか──。ジャーナリストの山田稔氏が、博水社の女性社長を直撃した。

 * * *
「ハイサワー美尻カレンダー」は名前の通り、魅力的な美尻をクローズアップしたカレンダーで、お尻のオープニング、エンディングが人気のテレビ番組『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系列)の中で、2009年にハイサワーの特集が組まれたことがきっかけで誕生した。

 カレンダーは2010年版を製作し、当初はハイサワーを置く居酒屋向けに配布したところ、それを見た客から「どうしても手に入れたい」という声が殺到。そこで2011年版から一般販売に踏み切った。過去10年間の累計販売部数は6万2000部に達し、隠れたヒット商品である。

 ここで、過去10年間の「美尻」のキャッチコピーを振り返ってみよう。

・2010年/肉感的&ボリューミー
・2011年/ボン・キュッ・ボン
・2012年/小悪魔系美尻
・2013年/ま~るいお尻
・2014年/お尻も景気も上向き
・2015年/ハート形の美尻
・2016年/腕組んで恋人気分
・2017年/お尻が進化=NEO
・2018年/創業90年でキュッと丸
・2019年/南国デート気分美尻

 時代背景が分かるものもあれば、なぜこの年にこのテーマというものも。これまでに100近いバージョンの美尻が披露されてきたことになる(※注/6枚綴りもあるので120にはならず)。

一番最初に作った美尻カレンダー(2010年版)のキャッチコピーは「肉感的&ボリューミー」だった

一番最初に作った美尻カレンダー(2010年版)のキャッチコピーは「肉感的&ボリューミー」だった

関連キーワード

関連記事

トピックス

三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
有岡大貴と松岡茉優
Hey! Say! JUMP有岡大貴&松岡茉優が結婚 匂わせなしの“ファンファースト”な交際の一方で「結婚は35才以降」説崩壊に動揺も
女性セブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン
日活映画は吉永小百合にとっても青春そのものだった
【吉永小百合・デビュー65周年】日活という学校で学び、青春映画の中で放たれた可憐なマドンナ 共演者・カメラマンが語るその輝き
週刊ポスト
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
紀子さま“体調不良報道”でも気丈な姿、単独公務先で「こちらにどうぞ」と気さくに声かける お元気そうな様子に同行していた記者たちは驚き
週刊ポスト
6月9日、鹿児島市内の認定こども園で、刃物のようなもので男児の首を切りつけて出血させたとして、殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者(21)
《鹿児島2歳児切りつけ》「見えたらいけないものが…」21歳の女性保育士が犯行前にSNSで意味深投稿 母校の高校関係者は「夢の実現目指して熱心に勉強を」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
全国ライブ中の沢田研二
《ファンの声援にブチ切れ》沢田研二が「見てわからんか!」とステージ上で激怒し突っ込んだ「NGワード」
NEWSポストセブン
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン