• TOP
  • 芸能
  • Matt、父・桑田真澄の「周囲の評価はどうでもいい」に感動

芸能

2019.12.21 16:00  女性セブン

Matt、父・桑田真澄の「周囲の評価はどうでもいい」に感動

今も父親が最高の理解者

 ネイル、まつエクにフサフサのまゆ毛…毎日のメイク時間は2時間強と、美容に対し、あくなき努力を続けるMatt(25才)。そんな彼が、12月13日発表の『VOCE BEST COSMETICS AWARDS2019』で、“2019最もニュースな美容人”に選ばれた。

 2019年のMattはテレビやファッションイベントなどにひっぱりだこで、ソフトバンクの「ワイモバイル」のCMでは、父親である元プロ野球選手の桑田真澄氏(51才)と親子共演を果たしている。

「Mattさんは幼い頃、桑田さんが率いる少年野球チームに入っていて、小学校を卒業するまでは野球少年でした。桑田さんが右肘手術を受けた後、リハビリのためにピアノを習い始めたのがきっかけで、自身も見よう見まねでピアノを始め、音楽に目覚めたそうです。中高時代は野球は辞め吹奏楽部に所属し、大学でも音楽を専攻。大学在学中にブライダルモデルをしていたのがきっかけで、メイクをするようになりました。

 今は独特の“セルフ加工写真”が話題を呼んでいますが、本当は音楽で生計を立てていくのが夢だとか」(テレビ局関係者)

 そんな“今のMatt”が出来上がるうえで、父親の影響は大きかったようだ。

「桑田家の教育方針は“挨拶、返事はしっかりし、脱いだ靴は揃える”“何事にも諦めずに努力する”“失敗を恐れず挑戦する”の3つだけで、桑田さんはMattさんが何をやっても怒らなかったそうです」(桑田家の知人)

 だが、ここ数年Matt人気が急上昇する一方で、その活躍をやっかむように“Matt批判”も高まった。

「画像加工に対しては“やりすぎ”という声が根強く、彼が写真を公開するたびに“理解できない”“怖い”といった反応があります。また業界内でも、スタッフには礼儀正しいのに、芸人に対しては“タメ口”だと陰口を叩く人がいるようです」(別のテレビ局関係者)

 そんなMattにとっての最高の理解者は、今も父親のようだ。

父・桑田真澄が与えた影響は大きい

「桑田さんはMattさんとたびたび2人きりで話すそうです。桑田さんが話すのは、“周囲の評価なんてどうでもいい、評価をする側にも完璧な人間なんていないのだから”“失敗を恐れず、挑戦し続けてほしい。人生は自分が頑張っただけのものにしかならないのだから”ということ。桑田さんはどんな境遇にあってもMattさんが信じたことをやることが正しいことだと、小さい頃から話してきた。

 Mattさんもその言葉を信じて、どんなにツライことがあっても、信念を貫くと決めているそうです」(桑田家の知人)

『ワイモバ学園』のCMでは、「Matt、お前の道を行け」と言って父に肩を叩かれているMatt。どんな道であっても、息子の進む道を応援する父親としての態度と言葉が実生活と重なるのか、思わず涙する人も多いという。クリスマスイブには、アーティストとしての長年の夢をかなえ、自身の曲をフルバージョンで配信する予定だという。父の言葉が背中を押している。

※女性セブン2020年1月2・9日号

関連記事

トピックス