• TOP
  • ビジネス
  • 水どう名物D・藤村忠寿氏 「YouTuberになって考えたこと」

ビジネス

2019.12.25 07:00  NEWSポストセブン

水どう名物D・藤村忠寿氏 「YouTuberになって考えたこと」

今年YouTubeチャンネルを開設した藤村忠寿氏(左)と嬉野雅道氏

今年YouTubeチャンネルを開設した藤村忠寿氏(左)と嬉野雅道氏

 人気俳優・大泉洋を世に広めたことで知られる北海道のローカル番組『水曜どうでしょう』。12月25日には、約6年ぶりとなる新作が放送(北海道ローカル)されるが、同番組の名物ディレクター・藤村忠寿氏が、今年YouTuberデビューを果たした。テレビ業界にどっぷり浸かり名を馳せてきた藤村氏は、なぜ突如違うフィールドに進出したのか。

 * * *
『ユーチューバー(YouTuber)』という言葉を僕が耳にしたのは、ちょっと前のことです。で、そのすぐ後に「小学生が憧れる職業の上位にユーチューバー」みたいな記事を目にして驚愕しました。

 さらにはユーチューバーを名乗る若い人たちが「数億円も稼いでいる」というじゃないですか。「ちょっと待って! 意味がわからん」と。「てゆーか、そんなに稼げんなら、オレもちょっとやってみよ」と思ったわけです。

「だってさぁ、こっちだって映像業界に30年も身を置いているわけだし、大ヒット番組も作ったし、この前はドラマでグランプリも受賞したしね。数億円とは言わないまでもさ、そこそこはさぁ、少なく見積もっても数百万? うまくいけば数千万? ぐらいはねぇー……ウホホホホ」

 という邪心たっぷりの動機で、そっち方面に詳しい若手スタッフの手引きで、ユーチューバーの事務所と契約し、水曜どうでしょうを共に作ってきた嬉野(雅道)さんと今年2月、『藤やんうれしーの水曜どうでそうTV』というチャンネルをユーチューブ上に開設しました。

「やりましたぁー! これで僕らもユーチューバーですよぉー! チョイ儲けできますよぉー! ふはははは!!」笑いが止まりませんでした。

関連記事

トピックス