• TOP
  • 芸能
  • 『ドラえもん』の第1話は6種類あった、読者の年齢に応じ変化

芸能

2020.01.11 07:00  女性セブン

『ドラえもん』の第1話は6種類あった、読者の年齢に応じ変化

『よいこ』に掲載されたドラえもんの第1話(C)藤子プロ・小学館

 今から50年前、1970年のお正月にドラえもんは“誕生”した。『よいこ』『幼稚園』『小学一年生』~『小学四年生』の6誌同時にマンガ『ドラえもん』の連載がスタートすると、瞬く間に、国民的キャラクターに“成長”した。

 そして、「ひみつ道具」や「四次元ポケット」など未来への夢と希望が詰まった“ロボット”はいつの時代も子供たちから愛され、大人になってもなお心の拠り所のような存在だ。

 そんなドラえもんの誕生秘話が明かされる『ドラえもん第0巻』が発売された。新刊の発売はなんと23年ぶり! この第0巻をみると、「第1話」に関する意外な事実が浮かび上がってくるのだ。

◆実は6種類もあった第1話

 6つの児童誌で同時に誕生したドラえもん。「引き出しから登場」という基本設定は同じでも、読者の年齢に応じてバリエーションはさまざまなのだ。その概要を紹介しよう。

【よいこ】

『よいこ』掲載の第1話の2見開き目はこう続いていた(C)藤子プロ・小学館

 3~5才児を対象にした雑誌『よいこ』の第1話は、ページ数はわずか4ページでコマ割りも大きい。/『よいこ』1970年1月号

【幼稚園】

ドラえもんを「いらないよ」と言ったのび太(C)藤子プロ・小学館

『よいこ』と似た構図で、ドラえもんとのび太の孫・セワシの突然の登場に驚くのび太。/『幼稚園』1970年1月号

関連記事

トピックス