• TOP
  • ビジネス
  • 近々きっとブレイクするサブスク 愛好家の女性作家が予測

ビジネス

2020.01.18 07:00  NEWSポストセブン

近々きっとブレイクするサブスク 愛好家の女性作家が予測

サブスク市場は右肩上がりで全盛時代へ

サブスク市場は右肩上がりで全盛時代へ

 昨年はファッションや食品、教育、娯楽など、あらゆる分野でサブスクリプション(定額課金)サービスの新規参入が増え、まさに“サブスク全盛時代”の到来を印象づけた。2020年も人々の潜在需要を掘り起こすサービスがたくさん登場しそうな気配だが、今後どんなサブスクがあったら喜ばれるのか──。自らもサブスク愛好者の作家・内藤みか氏が提案する。

 * * *
 2019年はサブスクが話題になることが多い年でした。月額定額制の洋服レンタル「メチャカリ」が有料会員数2万人、美容院のシャンプーブロー利用し放題サービス「MEZON」が利用者4000人を超えるなど、様々なサブスクサービスが利用者数を増やしています。

 何かと便利なサービスが増えたこの頃ですが、今後はどのようなサブスクがあると嬉しいか、自分なりに考えてみました。

◆おひとりさまに重宝されるサブスク

 私自身、これまで色々なサブスクサービスを試してきました。自分に合っていて、いまだに利用し続けているのは、なんといっても洋服借り放題の「メチャカリ」、それから書籍と音楽と映画の月額放題サービスです。

 メチャカリは月額5800円で新品の洋服を3着まで借りられるのですが、今はコート2着にニット1着を借りています。コートはクリーニング代が高いし場所もとるので、いっそレンタルしたほうがラクですし、重宝しています。

 私の周囲には40代のおひとりさま女性が何人もいます。都会でひとり暮らしをしていると、クローゼットにそれほど服を増やせません。断捨離ブームも手伝い、この頃は「あまりモノを持たないことがカッコいい」と感じている人が少なくありません。

 そうした時代感覚と、必要な時に必要なモノを借りるサービスがフィットしたのでしょう。本・音楽・映画のサブスクサービスもオンライン上のコンテンツを利用する方式なので、部屋にモノが増えることはないのです。

関連記事

トピックス