国内

新型コロナ、対策はインフルと同じ 花粉症によるリスク増も

中国では“ガスマスク”をつける人も(共同通信社)

 中国だけでなく、日本、韓国、タイ、カナダ、アメリカ、フランスなどにも拡大している新型コロナウイルスの感染による新型肺炎。新型コロナウイルスは、日を追うごとに威力が増している。

 当初、このウイルスは「感染力が弱い」とされていた。1人の感染者から平均で何人にうつっているかで感染力を示すと、インフルエンザは1.4~4人、SARSは2~5人とされる。

 世界保健機関(WHO)は新型コロナウイルスの感染力を暫定的に1.4~2.5としたが、世界中の研究機関から、3.3~5.5(香港理工大など)、3.6~4(英ランカスター大など)といった上方修正の指摘が相次いだ。

 1月下旬、中国当局も「当初の想定より感染力が増している」「潜伏期間中(最大14日)も感染する。これがSARSとの大きな違いだ」と見解を示している。

 中国以外の国と地域ではヒトからヒトへの感染は確認されていなかったが、1月24日にWHOがベトナムのケースでヒトからヒトへの感染が起きたとみられると明かした。日本でも確認されている。

「現在の症例からすると、発熱や空咳が中心で、3~5日後には息切れがし、最悪、ショック症状を起こしたり、肺に水がたまったり、想像を絶する苦しみの中で亡くなることになる。WHOは、咳やくしゃみなどで飛び散る飛沫や直接的な接触でウイルスに感染する可能性があるとして対策を呼びかけています」(医療ジャーナリスト)

 中国当局によると、新型コロナウイルスに感染して死亡が確認された17人(男性13人、女性4人)の平均年齢は73.3才で、80代が8人で最も多かった(1月22日時点)。

 またWHOが中国から入手した感染者約290人のデータでは患者の72%は40才を超え、40%に糖尿病、高血圧、心血管疾患などの持病があった。年齢が高く血管系の持病を持つ人ほど、重症化リスクが高くなることがうかがえる。

「中国政府は新型コロナウイルスのゲノム情報を世界の研究機関に向けて公開したが、ワクチンの完成には少なくとも1~2年が必要といい、即効性のある対策は難しい」(全国紙社会部記者)

 では、対策はどうすればいいのか。自治医科大学附属病院感染制御部長の森澤雄司医師が説明する。

関連記事

トピックス

眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン