コミックマーケットの来場者数は過去最高を更新し続け、2019年末は4日間で75万人を記録した(時事通信フォト)

コミックマーケットの来場者数は過去最高を更新し続け、2019年末は4日間で75万人を記録した(時事通信フォト)

 世界最大の同人誌即売会コミックマーケット、通称コミケでのコスプレ衣装については、運営する準備委員会が露出を厳しく規制しているが、その分、若い子でも初心者でも気軽にコスプレが出来る安心感がある。もちろん串田さんに狙われているとも知らずに。そしてこちらも世界最大の模型イベントであるワンダーフェスティバル、通称ワンフェスは、コミケよりは規制がゆるく露出の高い衣装も可能だが限度はあるししっかり運営により管理されていて安心だ。そんな安心しているところを狙われていると知ったら、女の子も絶対イヤなはずだと言うと、

「撮られるために来てるんだから問題ないでしょ。カメコはみんなやってるよ」

 とむべもない。犯罪ではないが、どんな写真に撮られたいかという被写体の気持ちを無視した撮影は、善意の合意で成り立っているコミケ会場では推奨されないことだろう。

 そもそも、レイヤーはアニメやゲームのキャラクターになりきってはいるが、二次元ではなく三次元で、生身の感情をともなった人間だ。勝手な行為を押しつければリアルな被害者となり得る。しかし串田さんはそんなことは気にしない。ブレることなく欲望優先。欲望を優先して生きるあまり、串田さんは定職についたことがない。都内の実家で暮らしているが、アルバイトを転々としてきただけ。その中には私がライターとして出入りしていた出版社のプレゼント発送などの短期アルバイトも含まれる。もちろん確定申告などしたことないし、ずっと親の扶養に入ってきた。

「商業カメラマンなんかなりたくないね。他人の結婚式とかガキとか撮りたくない」

 中退だが写真専門学校で学んだこともある串田さん、かつてカメラマンを仕事にするのはどうかと提案したこともある。本音のところは知らないが、欲望のまま好きなものを撮りたいだけ、カメラでまっとうな仕事をする気はないと言う。

「まっとう」というのは串田さん、実はカメラで小金を得ている。昔はコスプレの写真を雑誌や同好のマニアに売ってお小遣いにしていた。

 1990年代、まだ個人情報もコンプライアンスへの認識もゆるかった時代、「アクションカメラ」(1982~2003年)や「熱烈投稿」(1985~1999年)などの投稿雑誌に投稿すれば規定の謝礼が貰えたし、「じゃマール」(1995~2000年)などの個人向け売買情報誌などで売ることも可能だった。ネット社会が浸透する以前、はるか昔の話である。

「いまじゃファイル交換に重宝するくらいで昔ほどの金にはならない。掲示板で『神』なんて言われても一円にもならない」

関連記事

トピックス

《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン