国内

マスク品薄、解消いつ? 政府「1億枚供給宣言」でも買えず

大量にマスクを買う人の姿も…(AFP=時事)

買い占める人の姿もいまだに見られるという(写真/AFP=時事)

◆マスク以外にも品薄が

 2月17日現在、クルーズ船の乗客を含む日本国内での感染者が500人を超えた。中国に渡航歴のある人との接触などがなく、感染経路が不明なケースも複数生じている。都内の介護施設で働く40代男性は「自分もいつ感染するかわからない」と危機感を募らせる。

「そもそも介護の場面でマスクが必要な理由は、自分の予防のためではありません。高齢の利用者が職員らから感染するリスクを避けるために必要なものなのです」

 新型コロナウイルスによる肺炎が重症化するリスクは、「高齢者」、「糖尿病・心不全・呼吸器疾患の持病がある人や透析を受けている人」、「免疫抑制剤や抗がん剤などの投与を受けている人」が高いとされる(厚労省公表の「相談・受診の目安」より)。

 医療や介護の現場で働く人はもちろん、不特定多数と接する機会の多い電車やバス、タクシーなどの交通機関で働く人にも「感染を広げないための」マスク着用は喫緊の課題だ。前出の渡辺氏はこう言う。

「ワクチンや治療薬がない中で、感染を恐れる気持ちはよくわかります。しかし、ここまで感染が拡大した以上、重症化リスクのある人を守るために、優先順位をつけてマスクを供給するべきです。

 市中の小売店でマスクが普通に買えるようになる時期は、正直に言って全くわかりません。国産マスクにしても、原料の不織布は中国からの輸入が多いと言われている。中国の工場が稼働するかどうか、それが日本向けに輸出されるかどうか次第です。

 マスク以外も同様です。消毒用アルコールは品薄がすでに指摘されていますが、その容器に使われるポンプも中国製なので、影響はさらに広がります。マスクと同じく不織布を使う除菌シートも品薄になることが予想されます」

関連記事

トピックス

玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた
泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす
女性セブン
原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も
週刊ポスト
茂木敏充・幹事長の対応が原因?(時事通信フォト)
「言ったよね?」茂木敏充・自民党幹事長に激昂された党職員、その日を境に職務を外され異動
週刊ポスト
2008年に退任した岡田氏が、再び阪神の監督に就任すると報じられた(時事通信フォト)
岡田彰布氏が阪神の新監督へ 球団首脳が一致と報じられた「平田勝男二軍監督の昇格案」はいかに消えたのか
NEWSポストセブン
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
ファンは勝利を望んでいる(時事通信フォト)
2年連続シーズン負け越しの巨人 原辰徳監督と坂本勇人に「責任を取るべき」の指摘が
NEWSポストセブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン