ライフ

【著者に訊け】絲山秋子氏 会社員小説『御社のチャラ男』

絲山秋子氏が『御社のチャラ男』を語る

【著者に訊け】絲山秋子氏/『御社のチャラ男』/講談社/1800円+税

 会社で働くということ。それが「=仕事」だけを必ずしも意味しないのは、理想の上司ランキング等の顔ぶれを見ても明らかだ。

「会社に居心地の良さを感じる人もいれば楽しさを求める人もいて、仕事しかしてない人なんて一握りですよね。ただ、今はそうした鷹揚さがよくも悪くも失われつつあるのも確かで、様々な面で変化に直面する現代社会を、会社員という切り口から書いてみました」

 絲山秋子氏の新作、その名も『御社のチャラ男』は、要領がよく、お調子者ともヤリ手とも言えば言える、ジョルジュ食品の名物部長、〈三芳道造〉44歳を巡って、部下や妻の元夫や三芳本人までが大いに語りまくる、多視点会社員小説だ。

〈チャラ男って本当にどこにでもいるんです。一定の確率で必ず。〉と帯にあるが、社内不倫にモラハラ等々、何かとお騒がせな彼の姿は、日本のカイシャと、働く人間たちの映し鏡でもあった。

 訪れたのは群馬県高崎市。絲山氏は2006年の芥川賞受賞から程なく、会社員時代の赴任先の1つだった高崎に住民票を移し、今ではすっかりこの街の住人である。

「2005年には部屋を借りてましたから、丸15年になります。今日もこの近くを散歩してきましたが、良きにつけ悪しきにつけ昔のままの部分と新しいものが混在している町です。会社の、効率の悪い部分を残しつつ、最先端のものも取り入れる歪な感じが、人の住む町に似ていると思いました」

 一番手は、〈文字通り油を売って生きております〉と宣う営業部員〈岡野繁夫〉32歳。目下人気のヘンプオイルやビネガー類の効用について彼が語る能書きは全て部長が考えたものだ。その手のはったりにかけては天才的な上司を、彼は独特の距離感で見つめる。〈商品には存在する意味がある。たとえそれが草の種を潰して適当な液体で薄めたものだとしてもだ〉〈仕事の周辺だけでもまっとうに動いているということは、俺にとっては大きな救いだ〉

関連キーワード

関連記事

トピックス

フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
門田博光氏
門田博光が明かしていた掛布雅之との幻のトレード話の真相「自分の力を阪神で試してみたい気持ちあった」
NEWSポストセブン
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
山田邦子
天下を取った女性芸人・山田邦子が語る「テレビが求心力を失った理由」と「傷つけないお笑いへの疑問」
女性セブン
呼吸困難、頭痛など後遺症の組み合わせは多岐にわたる(写真/PIXTA)
疑われ始めたワクチンの効果 追加接種に積極的な国ほど感染者増、自然免疫力への悪影響も
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン