• TOP
  • 国内
  • 安倍首相の嘘 同調圧力に官僚だけでなく国民をも飲み込む

国内

2020.03.04 16:00  週刊ポスト

安倍首相の嘘 同調圧力に官僚だけでなく国民をも飲み込む

嘘を付くことに麻痺していないか(時事通信フォト)

 安倍首相の言葉に、「誇張」や「フェイク」、「大風呂敷」が交じっていることを国民は気づき始めている。政権復帰からの7年間、首相とその周辺は、嘘に嘘の上塗りを重ねてきたのではないか。安倍首相の嘘を守るために国家をあげた“公文書偽造”まで行なわれた。モリカケ疑惑だ。

「私や妻が関係していたということになれば首相も国会議員も辞める」(2017年2月)

 この嘘が財務省を揺るがす事件につながった。安倍昭恵夫人が「名誉校長」を務めていた森友学園に対する国有地の格安払い下げ問題で、財務省が売買交渉記録を改ざんし、昭恵夫人の関与を示す記述を全面削除していたことが発覚、近畿財務局の担当者が自殺し、財務省は局長以下20人の大量処分を行なったことは記憶に新しい。

 元理事長の籠池泰典氏には一審で「懲役5年」の判決が下ったが、財務省の職員は全員不起訴、昭恵夫人は捜査の対象にもならなかった。

 安倍政権の看板政策「国家戦略特区」での獣医学部新設が首相の“悪友”が経営する学校法人に認可された不透明な経緯が問題となった加計学園疑惑でも、安倍首相の発言が争点になった。

 首相は加計学園の特区申請を知った時期を、「(国家戦略特区と認定された)今年1月20日に初めて知った」(2017年7月)と答弁した。

 ところが、愛媛県の文書には、その2年前に首相と理事長が面会し、「安倍首相が新しい獣医大学の考えはいいねと応じた」という加計学園の担当者の証言が記されていた。

関連記事

トピックス